&TEAM、デビューショーケースに見た真摯な覚悟。“世界で活躍する”その先へ【写真99枚】

2022.12.11
『&TEAM DEBUT SHOWCASE [First Howling : ME]』より (c)HYBE LABELS JAPAN

(c)HYBE LABELS JAPAN
文=坂井彩花 写真=西村 満、HYBE LABELS JAPAN提供
編集=森田真規


オーディション番組『&AUDITION ‐ The Howling -』から誕生した9人組グローバルグループ、&TEAM(エンティーム)。2022年12月7日にEP『First Howling : ME』でデビューした彼らが、12月8日に『&TEAM DEBUT SHOWCASE [First Howling : ME]』を東京体育館で開催した。

ここでは、&TEAMの記念すべきデビューショーケースのレポートをお届けする。

&TEAM
(エンティーム)HYBE LABELS JAPANに所属する、EJ・FUMA・K・NICHOLAS・YUMA・JO・HARUA・TAKI・MAKIの9人で構成されるグローバルグループ。異なる出発点からつながった彼らは、「それぞれ個性を持つ9人がひとつのチームとなり、多様な世界を結びつける」という意志を掲げている。


満月の夜、世界が目撃した&TEAMのパフォーマンス

寒空にコールドムーンが浮かんだ12月8日、東京体育館にて『&TEAM DEBUT SHOWCASE [First Howling : ME]』が開催された。現地には抽選に当たったファンと共に数多くのメディアが集結。さらに、同イベントの様子はHYBE LABELSの公式YouTubeチャンネルから全世界へと届けられ、地球上のLUNÉ(ルネ:&TEAMのファンネーム)とつながりながら記念すべきデビューが祝われた。

開演15分前になると、BGMとして流れている「Under the skin」と共に歌っているメンバーの声が聴こえてきた。無邪気な歌声は伸び伸びとしており、緊張の色は一切感じさせない。会場の照明が、スッと暗くなっていったのは開演3分前のこと。LUNÉが手にしたライトスティックから放たれる青い光が海のようにバーっと会場中に広がり、舞台上のスクリーンにはデビュートレーラーが映し出された。

ステージ奥から登場したメンバーは、デビューソングの「Under the skin」を披露。まっすぐなKの歌い出しから楽曲の世界は花開き、JOの儚さが繊細な情景を描き、FUMAの言葉が<僕は僕が僕であると証明>と力強く刻む。柔らかくもパワフルなダンスは一体感があるだけでなく個々の色も香っており、まだ前日にデビューしたばかりとは思えない完成度。この日のために、そしてこの先の未来のために、9人が真摯に&TEAMでの活動に備えてきたことを感じさせた。

&TEAM ‘Under the skin’ Official MV

愛くるしいモーションでファンを魅了したトークタイム

パフォーマンスが終わると、MCの古家正亨を交えてトークタイムへと突入した。それぞれの個性が活きた自己紹介が行われるなか、HARUAは「&TEAMの几帳面な裏のお兄ちゃん、HARUAです」とコメントし、表のお兄ちゃんであるKと背中合わせにくっついてクルクルと回転。愛くるしいモーションの不意打ちに、会場中のオーディエンスがもれなくノックアウトされていた。

『&TEAM DEBUT SHOWCASE [First Howling : ME]』より

会場に詰めかけていたメディアに向けたフォトタイムでは、九人九色の個性をポージングや表情で魅せていく。投げキスを要求されたEJは「どうやって投げればいいですか?」とおちゃめなボケを炸裂。順番になったYUMAがちょこちょこ歩きでセンターまで進み、メンバーから「3年かかる!」とツッコまれるなど、和気あいあいとした空気でのシューティングとなった。

『&TEAM DEBUT SHOWCASE [First Howling : ME]』より

トークタイム後半では、グループやデビューEP『First Howling : ME』にまつわる話題に。お気に入りの曲を聞かれたMAKIは、「『バズ恋(BUZZ LOVE)』が好きですね。ポップな明るい曲調がすごく自分に合っているし、LUNÉの皆さんへの想いが歌詞に表現されているんじゃないかなと思った」と回答。MV撮影の話題では、静かにしていなければいけないシーンで我慢できずに「んんっ」と声を発してしまったTAKIのことが話題に上がり、それを受けてTAKIは「静かな空気が苦手なんだと思います」と照れくさそうにはにかんだ。

“世界で活躍する”その先へ


この記事の画像(全100枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。