新海誠が『君の名は。』『天気の子』のファンに媚びずに“冒険”した『すずめの戸締まり』というロードムービー

2022.11.26
映画『すずめの戸締まり』 (c)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

(c)2022「すずめの戸締まり」製作委員会
文=相田冬二 編集=森田真規


『君の名は。』『天気の子』の大ヒットで、日本を代表するアニメーション監督のひとりになった新海誠。彼の最新作『すずめの戸締まり』が11月11日に封切られ、公開初日から3日間の興行収入は前述した2作以上の好成績を記録。多くの観客のもとに届けられている。

新海誠の作品を初期から観つづけてきたライターの相田冬二は、本作を「新海誠による、新海誠の【卒業式】と言えるかもしれない」と評する。さらに、新海誠の最初期の作品『彼女と彼女の猫』のモノローグに、『すずめの戸締まり』の本質を突いたフレーズがあったという──。

「僕も、それから、たぶん、彼女も、この世界のことを好きなんだと思う」


“わかりやすさ”という魔法で老若男女を惹きつけた『君の名は。』

数はさほど多くないだろうが、『君の名は。』(2016年)以降の作品に違和感を覚えている新海誠ファンもいることだろう。

お気に入りの作家がブレイクを果たすと、置いていかれたような気がして、古くからのファンは寂しくなってしまう。これはアニメーションや映画に限らず、どんな分野でも起こることだし、こうした(ありふれた)喪失感こそが新海誠的、と言えるかもしれない。

それは、他人から見れば小さな寂しさに映るかもしれないが、本人はそれなりに傷ついている。いや、これは、かなりの喪失感の場合だってある。

なにしろ、新海誠は【傷の匂い】を描いてきたアニメーション監督なのだから。

『君の名は。』で何が起きたか。アニメーションとしてのフォーミュラが強化されたことが第一に挙げられる。アニメーションとして、というより、作品として、と言っていいかもしれない。

フォーミュラ、すなわち方式や定型がクリアだと、不特定多数の観客が安心して乗り込むことができる。アミューズメントパークと同じである。

明快なルール(らしきもの)が軌道として設定されていることが共有できると、映画にせよ、ゲームにせよ、多くの人々が集うことになる。これがいわゆる、わかりやすさ、という魔法だ。

そこに、神木隆之介と上白石萌音(ふたりとも名前がカミである)の神がかったボイスアクトが加わり、『君の名は。』は老若男女のオーディエンスを惹きつけた。

新海誠作品の中で最も多くの人に観られた。ということはつまり、『君の名は。』で初めて新海誠を知った層がかなりいるということ。これは紛れもない事実であり、キャリアの長い作家であれば、必ずそのような局面は訪れる。

「君の名は。」予告

スケールまでも獲得した『天気の子』

『言の葉の庭』(2013年)までの新海は、フォーミュラを強化しない作家だった。

たとえば、興行的には唯一の失敗作と言われる『星を追う子ども』(2011年)は、フォーミュラ未設定のまま、大きな物語をやろうとした野心作である。失敗を失敗として受け止める素直な作家である新海が、だから『君の名は。』でフォーミュラを強化したのかどうかはわからないが、彼が『星を追う子ども』で大きく傷ついたことは間違いない。

新海誠『星を追う子ども』予告編映像

なにしろ、新海誠は【傷の匂い】を描いてきたアニメーション監督なのだから。

『秒速5センチメートル』(2007年)に顕著だが、新海は心象と言葉に耽溺する傾向のある作家であり、そうしたフォーミュラに頼らない絵筆による色彩は、たとえば村上春樹という国民作家が持っている明瞭さ(キャラと言い換えてもよいかもしれない)に通ずるものがあった。新海誠という色彩に魅了されていた耽溺型の観客にとっては、『君の名は。』で導入されたフォーミュラがしっくりこなかった可能性はある。色彩と呼ぶには、あまりにクリア過ぎるのだ。

弾き語りのアコースティックギターで泣かせていたミュージシャンが、いきなりバンド編成のポップミュージックで大ヒットを飛ばす。よくある話だが、寂しさを感じるファンはいつの世にもいる。20世紀にも。21世紀にも。

つづく『天気の子』(2019年)では、フォーミュラをベースにさらにスケールも獲得した。ずいぶん、遠くへ行ってしまった。喪失感にさらに拍車がかかった人もいるのではないか。繰り返すが、こうした心性こそ新海誠的、ではある。

ドームツアーをしているバンドに対して、ライブハウス時代が忘れられないと思う、拗らせたファンは存在する。これもまた人情である。

映画『天気の子』予報①

新海誠が新たな冒険に挑んだ『すずめの戸締まり』


この記事の画像(全16枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。