JO1、初のアリーナツアー千秋楽で見せつけた“経験値”。リーダー・與那城奨「いい思い出になった」とハプニングにも笑顔

2022.10.25


ライブへの渇望によって生まれた最上のパフォーマンス

『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』10月23日、東京公演より (c)LAPONE ENTERTAINMENT
『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』10月23日、東京公演より (c)LAPONE ENTERTAINMENT

「今年が勝負」だと、最も強く伝えてくるのはいつも白岩瑠姫だった。ファンの存在を当たり前とせず、常に課題に目を向け、負けることが大嫌いな彼。JO1のライブ勘を危惧し、ライブに飢えていた闘う王子様は、ステージを牽引する存在感と憑依を見せた。「僕らの季節」と「KungChiKiTa」だけを見ても、まるで別人。アンコール最後の「Run&Go」で聴かせたシャウトに近いロングトーンは、とても忘れられそうにない。

白岩瑠姫  (c)LAPONE ENTERTAINMENT
白岩瑠姫 (c)LAPONE ENTERTAINMENT

「行けるところまで行ってやる」と、映画『JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-』で語っていた大平。ステージの下段に降りたり、大きく手を動かしてJAMを扇動したり、ライブにおける彼の存在は、JO1にとってもJAMにとっても大きかった。「地方にライブに行きたい」と、何度も口にしてきた彼もまた、ライブに貪欲だ。最後のコメントでも「メラメラ燃えている」と静かな炎を見せた。どんな場面でも揺るがず、自分の世界を持っている大平。だからこそワンシーンで魅了し、たったひと言さえも強く印象に残るのだろう。

大平祥生 (c)LAPONE ENTERTAINMENT
大平祥生 (c)LAPONE ENTERTAINMENT

「グループのブラックペッパーでありたい」と言いつづけてきた金城碧海。しかし願いとは裏腹に、彼は幾度となく主人公になってしまう。「SuperCali」ではもはやステージの支配者であり、「無限大」「OH-EH-OH」には、彼のボーカルが“飛び込んでくる”ような感覚があった。<世界はZERO 君がいないと>と歌う「ZERO」では、その温かなボーカルにより、歌詞の裏にある「君がいる満ち足りた世界」を感じさせた。「ライブを早く経験したい」とまだ先の夢のように話していた彼が、「Run&Go」にて花道の真ん中でひとり、飛び跳ねるように踊っていた。うしろ姿でも、きっと笑っていることがわかった。

金城碧海 (c)LAPONE ENTERTAINMENT
金城碧海 (c)LAPONE ENTERTAINMENT

いつも幸せについて考えている佐藤景瑚。「Rose」の曲振り前にさらりと言った「僕とJAMはつながっているんで」との言葉も、彼が言うのなら心からのものだと思える。パフォーマンスですべてを出し切ったのか、ぽわぽわとしたエンディングのコメント。最近は年を重ねていくことがおもしろいと言い、「僕のクリスマス、全部あげます」と、柔らかな笑顔でとんでもない約束をしてくれた。言葉がうまくはないけれど、いつだって心ごとくれようとする彼らしい、最大級の愛情表現だと思った。

佐藤景瑚 (c)LAPONE ENTERTAINMENT
佐藤景瑚 (c)LAPONE ENTERTAINMENT

「JO1はいつでもJAMのことを支えます」


この記事の画像(全17枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

新 亜希子

Written by

新 亜希子

(しん・あきこ)エンタメ系ライター。音楽・アイドル・映画を中心に、インタビューやレポート、コラムやレビューを執筆。『シネマトゥデイ』『リアルサウンド』『日経エンタテインメント!』ほか。

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。