JO1、川尻蓮「『辛い』に一本足すと『幸せ』になる。僕たちは皆さんの“一本”になりたい」と『KIZUNA』ツアー福岡公演で明かしたJAMへの想い

2022.9.23
JO1(『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より)

文=高橋 梓 編集=森田真規


2020年にデビューしたグローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」の、初めてとなるアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』が9月3日から行われている。ここでは、9月22日にマリンメッセ福岡で行われたライブのレポートをお届けする。


大平祥生「This is JO1!」のシャウトで始まった福岡2日目

9月22日、JO1が初のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』の福岡公演を行った。福岡公演2日目となる同日には、サプライズで6THシングル『MIDNIGHT SUN』の収録曲「SuperCali(スパカリ)」を披露する場面も。その様子を含め、JO1とJAM(JO1のファンネーム)の絆が感じられたライブをレポートしたい。

10月22日、23日に東京・有明アリーナで行われる追加公演を除けば、ファイナル公演となる同日、多くのJAMがマリンメッセ福岡に集った。オープニング映像が流れている時点から、JO1の登場を今か今かと待ち望んでいる熱気が伝わってくる。ステージ上の幕が降りると、大平祥生が「OK! This is JO1!」とシャウトし、「Move The Soul」でライブがスタート。木全翔也も「いくぞー!」と声を張り上げており、スタートダッシュは完璧だ。

そのまま河野純喜のハイトーンボイスが響いて、「Born To Be Wild」へ。曲名が如く激しいパフォーマンスを見せる11人だがどこか落ち着きもあり、自信と成長が見えてくる。さらに「Algorithm」「YOLO-konde」とつづき、JO1のパフォーマンスを余すところなくJAMに届ける。センターステージに移動し終わると、「Walk It Like I Talk It」を披露。ところどころで見せる、会場のJAMやカメラへの表情もキマっている。

『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より
『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より

ここでしか観られない貴重なユニットパフォーマンス

こうして、お祭り騒ぎのような勢いでオープニングパートを駆け抜けると、会場中に笑顔で手を振りながらメインステージへ戻る11人。恒例の「Go to the TOP! JO1です!」と声を合わせると、ひとりずつ自己紹介をする。「は、か、た、の、汐恩!」(鶴房汐恩)と笑いを誘うメンバーもいれば、「この会場寒くない? 俺が温めてあげようか?」(白岩瑠姫)と胸キュンのセリフで会場をざわつかせるメンバー(大平の「ルーランドさん」というツッコミも秀逸)もおり、個性があふれていた。お互いツッコミを入れつつもワイワイ楽しそうに自己紹介を終えると、川西拓実の『ドラえもん』風の曲振りで「Shine A Light」へ。つづけて情熱的な「MONSTAR」でさらに会場を熱くすると、小休止。「KIZUNA タロットカードの館」のVCRが始まる。

タロットカードの館を訪れたメンバーたちは、自身の悩みや年内に起こる出来事、絆で結ばれている相手などを相談。占い師に扮した川尻蓮が次々と占っていく。最後にJO1が今後どうなっていくかを問うと、川尻の回答は「JO1は間もなくバラバラになってしまう。だいたい15分くらい」。この言葉を合図に、ユニットパフォーマンスがスタートする。

トップバッターは川西、河野、豆原一成の「Dreamer」。しっとりと歌い上げた3人につづいたのは、川尻、金城碧海、佐藤景瑚、白岩。スタンドマイクを使って、クールに「ICARUS」を披露した。大平、木全、鶴房、與那城奨の「So What」はダンサーを引き連れ、勢いあるパフォーマンスを見せる。こうして普段とはひと味違うユニットパフォーマンスで、会場を魅了した。

『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より
『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より

大きな拍手が鳴り響くなか、ユニットごとにメンバーが姿を現す。それぞれ感想を述べてトークが盛り上がったところで、木全から「僕も大好きな曲です」と曲振り。椅子に座ったパフォーマンスの「君のまま」が始まり、「ZERO」「僕らの季節」としっとりとした楽曲がつづいた。

新曲「SuperCali」をサプライズで披露!

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全14枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

高橋梓

Written by

高橋 梓

(たかはし・あずさ)フリーライター。ボーイズグループを中心に、エンタメ系サイトや雑誌にて企画・取材・執筆をしています。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太