『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』初日レポート!木全翔也&佐藤景瑚「ただいま愛知〜!」

2022.9.5
JO1『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』ステージ集合写真(c)LAPONE ENTERTAINMENT

(c)LAPONE ENTERTAINMENT
文・編集=QJWeb編集部


グローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」が、9月3日(土)愛知・AICHI SKY EXPOにてデビュー以来初となる待望のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』の初日を迎えた。


メンバー全員で挑む初のライブツアー

今年5月に発売し、オリコン週間アルバムランキング、Billboard JAPAN Top Albums Salesにて1位を獲得した最新アルバム『KIZUNA』を引っ提げた本ツアー。2020年3月のデビュー直後から、コロナ禍で活動を制限される中で困難を乗り越えてきたJO1にとって、メンバー11人がそろって挑む初めてのライブツアーの幕開けとなった。

JO1/『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』より(c)LAPONE ENTERTAINMENT

初日の愛知公演では、最新アルバム『KIZUNA』の楽曲をはじめ、多数披露。昨年11月、幕張メッセにて3日間で4万5000人を動員した『2021 JO1 LIVE “OPEN THE DOOR”』からさらに進化したステージ構成で、全楽曲生バンド編成で迫力あるサウンドに編曲された。白岩瑠姫は「最後までバンドに負けることなく突っ走っていきたい」とコメントし、グループとして、そしてメンバー個々としてもさらなる成長を感じさせる圧巻のシンクロダンスパフォーマンスで、来場したJAM(ファンネーム)の盛り上がりは最高潮に。

JO1/『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』より(c)LAPONE ENTERTAINMENT

愛知県出身メンバーの木全翔也と佐藤景瑚は「ただいま愛知〜!」と声をそろえ、佐藤は、「地元なので家でライブをしている気分。めちゃくちゃ楽しいです!」と凱旋ライブに喜びを表した。さらに豆原一成は冒頭のMCを「愛知の皆さん! でら好きだがや」と名古屋弁で始め、JO1のグループとしての絆、JAMとの絆を確かめ合った相思相愛のステージとなった。

アリーナツアーは、愛知公演以降、大阪、横浜、福岡、東京とつづき、9月22日(木)の福岡公演ではライブストリーミング配信が決定している。JO1のファンはもちろん、まだ彼らを知らない人にも魅力が伝わるライブとなっているので、見逃せない。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • JO1/『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』(c)LAPONE ENTERTAINMENT

    『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』

    【大阪/丸善インテックアリーナ大阪】
    2022年9月10日(土)開場11:30/開演13:00
    2022年9月10日(土)開場17:00/開演18:30
    2022年9月11日(日)開場15:30/開演17:00
    【神奈川/ぴあアリーナMM】
    2022年9月17日(土)開場17:00/開演18:30
    2022年9月18日(日)開場17:00/開演18:30
    2022年9月19日(月祝)開場11:30/開演13:00
    【福岡/マリンメッセ福岡A館】
    2022年9月21日(水)開場17:00/開演18:30
    2022年9月22日(木)開場17:00/開演18:30
    ★ライブストリーミング配信 チケット発売中!
    【東京/有明アリーナ】
    2022年10月22日(土)開場11:30/開演13:00
    2022年10月22日(土)開場17:00/開演18:30
    2022年10月23日(日)開場14:30/開演16:00

    関連リンク


Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太