JO1、川尻蓮「『辛い』に一本足すと『幸せ』になる。僕たちは皆さんの“一本”になりたい」と『KIZUNA』ツアー福岡公演で明かしたJAMへの想い

2022.9.23


新曲「SuperCali」をサプライズで披露!

ここで、『KIZUNA』ツアーのCM制作をするというVCRが流れる。手を変え品を変え、さまざまなアイデアを詰め込んだCMを作ってみせるメンバーだが、会長役の豆原はなかなか納得しない。「無限の可能性が足りない」と豆原が言うと、モニターには「無限の可能性を叶える言葉 SuperCali」の文字が。会場がざわつくなか、JO1が披露したのは10月12日にリリースする6THシングル『MIDNIGHT SUN』のリード曲「SuperCali」だ。

『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より
『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より
『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より

「福岡、最高!」と笑顔を見せるメンバーたち。ここで「初披露です! 気合い入り過ぎちゃった」(佐藤)と、サプライズ披露した「SuperCali」の話へ。「実はまだサプライズがあるんです。このあと0時から、音源先行配信と、パフォーマンスビデオも公開になります」(川尻)、「(SuperCali」の正式名称)スパカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)を皆さん覚えて帰ってください」(豆原)、「呪文を僕たちの中毒性あるメロディに乗せながら、JO1の成長とJO1の熱い想いを詰め込んだ曲になっています」(白岩)、「ダンスにも注目してみてください」(大平)とたっぷり語ると、メンバー数人がマイクを取り替えにステージを下りる。

JO1|’SuperCali’ PERFORMANCE VIDEO

大盛り上がりのワチャワチャトーク

その間、会場を盛り上げるためにウェーブをすることに。豆原から指名された河野の全力ダッシュに合わせ、見事なウェーブができ上がっていた。そのスピードを活かすかのように始まったのは「Speed of Light」。勢いそのままに全編英語詞の「ALL HOURS」が披露されると、「福岡、アゲてくぜ!」という大平のシャウトで「OH-EH-OH」が飛び出す。ライブ終盤にもかかわらず、まだまだボルテージは上がっていく。さらにつづくのはバンドアレンジされた「GrandMaster」。それぞれ自由自在にステージを動き、この瞬間を楽しんでいるようだった。

ここでも、ワチャワチャとトークを楽しむ11人。「GrandMaster」終わりの11人のウェーブが最後の與那城までやっと届いたこと、この日のケータリングが鶴房家のポテトサラダだったこと、大平と豆原による福岡弁での“愛しとーよゲーム”、途中で強制終了された“おたけさいこっちょーゲーム”……、パフォーマンス時とは真逆の顔を見せてくれるのも楽しみのひとつだ。

盛り上がりまくっているメンバーに「本当に時間が迫ってるんです!」と訴えていた川西が「This is no dream, so real~♪」と歌うと、最後の曲である「REAL」が始まる。メンバー同士目を合わせたり、肩を組んだり、手をつないだり、見ているほうも笑顔になってしまうパフォーマンスを見せると、「以上、JO1でした!」と手を振りながらステージを去っていった。

『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より
『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』9月22日、福岡公演より

11人がひとりずつ明かした“今の想い”


この記事の画像(全14枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

高橋梓

Written by

高橋 梓

(たかはし・あずさ)フリーライター。ボーイズグループを中心に、エンタメ系サイトや雑誌にて企画・取材・執筆をしています。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太