『キングオブコント2022』採点結果を徹底分析。空気階段の記録を塗り替えたビスケットブラザーズ歴代最高得点の意味

キングオブコント2022サムネ

文=井上マサキ イラスト=まつもとりえこ 編集=アライユキコ


『キングオブコント2022』(TBS)はビスケットブラザーズが第15代キングに輝いた。神回の呼び声も高かった2021年の評価を上回る歴代最高点が飛び出したハイレベルな争いを、賞レースウォッチャー・井上マサキが今年も審査員の採点結果から徹底分析。


2年連続で歴代最高得点を更新

3018組がエントリーした『キングオブコント2022』(TBS)。決勝10組による大接戦の中、頭ひとつ飛び出したのは、ブリーフ1枚で野犬を追い払い、バイト先の女友達を男友達に変え、ぶっとんだ設定を巨漢とセンスでねじ伏せたビスケットブラザーズ!

審査員5人体制になった2015年以来、記録尽くしになった今回を、審査員の採点から振り返ってみたい。

審査員は昨年に引き続き、山内健司(かまいたち)、秋山竜次(ロバート)、小峠英二(バイきんぐ)、飯塚悟志(東京03)、松本人志の5人。5人×100点の500点満点で採点し、ファーストステージ3位までがファイナルステージに進出。最終的に、ファーストとファイナルの合計点で優勝が決まる。

『キングオブコント2022』審査員採点一覧(作表/井上マサキ)
『キングオブコント2022』審査員採点一覧(作表/井上マサキ)

全ての採点を表にまとめた。赤字はその審査員がつけた最高点で、青字は最低点。出場者および審査員ごとの平均点と標準偏差(点数のバラつきが多いほど値が高い)も合わせて算出している。

採点表が真っ赤になっているのがビスケットブラザーズだ。5人の審査員のうち、山内以外の4人がその日の最高得点を付けている。1本目と2本目を合わせた総合計963点は、審査員5人体制での歴代最高得点。昨年、空気階段が更新したばかりの記録(960点)をあっさり塗り替えてしまった。

一方、かまいたち山内が最高得点を付けたコットンの総合計944点も、準優勝の歴代最高得点で、こちらも昨年男性ブランコとザ・マミィが935点で更新したばかり。ちなみに3位のや団もこの点数を超えている。

ファイナルに進出したビスケットブラザーズ、コットン、や団の3組は、すべて2本目の点数が1本目を上回った。これは史上初のことで、2本目で失速した組がいなかったことを意味する。高クオリティのコントを2本揃えたことが、記録更新にも、終盤の盛り上がりにもつながっていた。

僅差のなかでも割れていた評価

今回、ファーストステージは僅差の展開が続いた。特に、ビスケットブラザーズが登場するまでの7組は11点差に収まっており、いぬ(459点)、クロコップ(460点)、ロングコートダディ(461点)が1点差の攻防を繰り広げる。結果的にコットンとや団が同点2位となったが、もし同点3位だった場合は決選投票が行われたはずだ(2019年にGAGとジャルジャルが同点3位となり決選投票となっている)。

ビスケットブラザーズ以外の各組の採点は平均92点~94点と同じくらいだが、標準偏差を見ると違いがある。標準偏差は点数のバラつき度合いを表しており、値が高いほど「審査が割れた」ということ。特にこの値が高いのが、いぬとコットンだった。

「夢の中へ」と題されたいぬのコントは、パーソナルトレーナーと主婦がなんやかんやあって最終的にキスをしまくる展開。そのバカバカしさに高評価を付けた松本・秋山のふたりと、90点前後をつけた飯塚・小峠・山内の3人で評価が割れた。特に飯塚は「めちゃくちゃ笑ったんですけど」と前置きして「やっぱキスは禁じ手だと思うんですよね……」と、この日の最低点(89点)を付ける。

また、「浮気証拠バスター」で行き過ぎたプロの技を演じたコットンは、松本・秋山・山内が96点、飯塚・小峠が91点と評価が真っぷたつ。山内「設定の良さが存分に出た」、秋山「アイテムも全部面白い」、松本「心技体がバッチリ」と高評価コメントは聞けたが、時間の関係か飯塚・小峠のコメントは聞けなかったのは残念。

前回の審査でも感じたことだが、5人の審査員はそれぞれタイプの異なるコントを現役で演じており、それぞれの「軸」を持っている。まるで五角形のチャートのよう。その軸すべてに刺さり、五角形が最大になって爆発したのが、ビスケットブラザーズだったのだろう。


松本人志は2本とも自己最高「98点」

「五角形」の話を続けると、ファイナルステージは3組すべてが大きな五角形を描いたといえる。標準偏差は1.0前後で、全組が平均94点以上。評価は割れていない……ように見えるが、実は「点差で優劣を付ける」というやり方で、審査員それぞれの評価をうかがうことができる。

コットンの2本目が終わったあと、審査コメントで飯塚と松本は「や団と優劣をつけるために差を付けた」と発言している。や団とコットンの2本目の点数を比較すると、山内・秋山・小峠がコットンにプラス1点、飯塚・松本がや団にプラス1点の差を付けているのがわかる。甲乙つけがたいなか、なんとか差を付けるための「1点」だろう。その差し引きの結果、1点差でコットンがや団を上回ったのだった。

そして最後。1本目で11点差をつけたものの、2位3位がまったく失速しない。そんなプレッシャーを、ビスケットブラザーズは見事にはねのけた。特に松本人志は2本とも自己最高点の「98点」を付け、2人を大いに評価した(それまで松本人志が付けた最高点は、にゃんこスター(2017年)、チョコレートプラネット(2018年)、空気階段(2021年)に付けた97点)。

優勝者インタビューによれば、ビスケットブラザーズのふたりは2本目が終わってもまったく優勝を確信できなかったという。点数発表前には司会の浜田雅功をいじっては叩かれ、優勝が決まったあとも「(優勝者の赤いジャケットに)サイズが合ってない!俺たちが優勝すると思ってなかったんじゃないの~?」「このトロフィーは僕らと同じくらい重たいです~!」と、最後まで明るかった。

その朗らかさ、素直さは、優勝後の「十分楽しい人生なのに、もっと楽しくなっちゃう(きん)」というコメントにも現れていたように思う。歴代最高得点であり、歴代最重量級のコンビが、キングオブコントの歴史に名を刻んだ一夜だった。

14年続いたジンクスを打ち破った!

そうそう最後に、キングオブコントにまつわるあるジンクスについて。2008の第1回から2021年の第14回まで、優勝者はすべて「初出場または3位を経験したことがある組」だった。これに対し、今回優勝したビスケットブラザーズは「前回6位」。14年続いたジンクスを打ち破った! という記録も書き残しておきたい。


この記事の画像(全20枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

井上マサキ

Written by

井上マサキ

(いのうえ・まさき)1975年宮城県生まれ。ライター、路線図マニア。大学卒業後、システムエンジニアとして15年勤務し、2015年よりライターに転身。共著に『たのしい路線図』(グラフィック社)、『日本の路線図』(三才ブックス)、『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本』(..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太