ひとときも目が離せない。ガールズグループaespaの“強烈な魅力”を動画で検証

2022.8.5

※トップ画像=aespa『Girls - The 2nd Mini Album(Real World Version)』より
文=キクチカムサ 編集=菅原史稀


来る8月6日・7日に、韓国のガールズグループaespa(エスパ)の初来日イベントが開催される。チケット発売開始と共に応募が殺到したという同イベントでは、惜しくも落選したファンから追加公演を希望する声も多く上がっている。本稿では、そんな彼女たちを見たことがない、詳しく知らない人のために必見動画を紹介したい。


コーチェラにも出演、今最も勢いのあるグループ

韓国出身のカリナ&ウィンター、中国出身のニンニン、そして日本出身のジゼルという4人のメンバーで構成される多国籍グループ・aespaは、2020年11月、BoAや東方神起らが所属するSMTOWNからシングル「Black Mamba」でデビュー。YouTubeにおけるデビューMV1億回再生の最短記録を樹立した。華々しいスタートを切ったかと思えば、3rdシングル「Next Level」では韓国国内の音楽チャートMelonの週間チャートにて、実に27週もの間TOP10に残りつづけるロングヒットを記録。

2022年に入ってからはアメリカで開催される世界最大の音楽フェスティバル・コーチェラに出演、さらに6月にリリースされた最新アルバム『Girls』もガールズグループの初動売上の記録を塗り替えるなど、まさに“今一番勢いのあるグループ”と言っても過言ではないだろう。

楽曲、振り付け、カメラワーク。すべてが“予測不能”!

aespa 에스파 ‘Next Level’ The Performance Stage #1

そんなaespaが持つ魅力のひとつに、エキセントリックな楽曲、コレオグラフィーと、縦横無尽にメンバーの周囲やその間を縫って躍動するカメラにより際立つ臨場感が挙げられる。次に誰が抜かれるのかどんな動きをするのか、予測不能でひとときも目が離せなくなる、振り付けとカメラワークが一体となったパフォーマンス。

もともと韓国の音楽番組では楽曲のリズムに合わせて勢いよく寄ったり引いたりするカメラワークが多く見られていたが、aespaの登場以降さらに自由度が高く、迫力のある映像が多くなったように感じられる。


再生回数600万回超。伝説的ビジュアルの「推しカメラ」映像

[페이스캠4K] 에스파 윈터 ‘Savage’ (aespa WINTER FaceCam)│@SBS Inkigayo_2021.10.24.

メンバーの中でも絶大な人気を誇るウィンターを追ったチッケム映像(推しカメラ)。TikTokなどで黒髪ショートの子を観て「この子誰⁉」と思った方も多いのではないだろうか。

パフォーマンス中の自信に満ちつつもミステリアスな表情とは一転、おどけてコミカルな動きを見せるキュートなエンディング妖精は必見。(※エンディング妖精とは、音楽番組などでの曲披露後に決めポーズなどを取るパフォーマンスのこと。主にK-POPファンダム内で用いられる言葉)

メタバースなど世界観の独自性が話題

aespa 에스파 ‘ep1. Black Mamba’ - SM Culture Universe

メタバースが舞台となる独特の世界観を持った設定も、aespa作品が人気である理由のひとつ。ショートムービーや楽曲の歌詞には「KWANGYA」「æ」「SYNK」など独自の用語が多く登場するが、それらが何を表しているのか、まだ全ては説明されていない。新曲の発表を楽しみにするといった音楽への期待と同時に、徐々に謎が明らかになり(そしてまた新たな謎が生まれ)グループの物語が広がっていく様を楽しみにしているファンも多い。

観るたび発見のある、緻密な作り込みにも注目!

aespa 에스파 ‘Girls’ MV

まさに今のaespaの勢いを感じさせるかのようなパワフルなサウンドと力強いボーカルが特徴の最新曲「Girls」。

ハリウッドの近未来映画を思わせる豪華な舞台、衣装、小道具、CG、そしてそれらに劣ることのないメンバーのビジュアル。初見時の強烈な印象もさることながら、繰り返し観るたびに新たな発見がある、作り込まれたMVとなっている。今後彼女たちの作品における世界観がどのように展開されていくのか、さらに期待を高めてくれる一作だ。


この記事の画像(全5枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

キクチカムサ

ライター。アイドルカルチャーに育てられました。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太