田村真子アナウンサーの『ラヴィット!』日誌|第1回「山添さんには気をつけよう!」

田村真子アナウンサーの『ラヴィット!』日誌 第1回 山添さんには気をつけよう!

文=田村真子


2021年3月から放送を開始し、今年1周年を迎えた朝の情報バラエティー番組『ラヴィット!』(TBS系列)。

放送1周年を記念し、番組MCとして日々奮闘する田村真子アナウンサーが、毎週印象に残ったエピソードや生放送のこぼれ話を楽しく綴る日誌連載「田村真子アナウンサーの『ラヴィット!』日誌」がクイック・ジャパンに登場。(全3回)

QJWebでは、本誌で使用された写真を特別にカラー版で公開します!

※この記事は『クイック・ジャパン』vol.161に掲載の連載記事を再構成し転載したものです。


4/27(水)「盛山、すごい目してたな……」

AD盛山さんとの1枚。なんだこの指示は

最近、不正疑惑が浮上したため卒業した見取り図・盛山さんが、復帰を賭けて本並さんとPK対決。

しかしスタジオの期待も虚しく、盛山さんは一本もゴールを決められずに終了してしまいました。
あまりの残念な蹴りに、CM中のスタジオでは「なんか盛山、すごい目してたな……」と川島さんがボソっとひとこと。

結果、その日はスタジオのAD業務をしてくれたのですが、途中からスケッチブックを持ちカンペを出しはじめた……? しかも、明らかにふざけた指示。
さらにはCM中にゲストのさらば青春の光・森田さんと取っ組み合いをはじめました。
でも、このじゃれ合いはいつもの通常運転。

盛山さんがレギュラーに戻るのはいつになるのだろうか……。

5/4(水)不思議な真空ジェシカさん

この日放送の川島さん&くっきー!さんとの旅での1枚

また水曜日の話ですが、なんてったってこの日は真空ジェシカのおふたりがあの2月以来の再登場(このちゃんも来てくれてハッピー)! 

前回は川島さんと私が不在だったので、通常『ラヴィット!』に来てもらうのは今回が初めて。
実は私、あの伝説の回(川島と田村アナの両MCが欠席した2月2日、ゲストで初登場した真空ジェシカが大スベリし物議を醸した放送回)の後、別の収録でお会いしたのです。
そのときはこちらも申し訳なく、なんと声をかければいいのか気まずかったのですが……。
でも、また『ラヴィット!』でお会いしたい旨を伝えられたので、今回は大丈夫!と楽しみにしていました。

たくさんの妖怪を紹介してもらい、「無限ニッチェ」なども登場し、無事OAは楽しく終了。
やっぱり不思議なおふたりでした。


5/10(火)ダンスもできるアンガマ様

この週の水曜、ラッピーとグッズと一緒に

この日OPトークのテーマは「沖縄にまつわるモノ」。
アインシュタインの稲田さんは、私物のアンガマ様のお面を紹介しました。

アンガマとは、石垣島の旧盆行事で登場するあの世からの精霊なのだそう。
このお面、稲田さんがつけると本当にジャストフィットなのです。違和感がない!
なので、稲田さんは2時間ずっとお面をつけ(沖縄初心者なのに)アンガマ様を演じていました。
もちろんCM中も。

そして舘様ことSnow Man宮舘さんと仲良く話しているなと思ったら急に立ち上がり、Snow Manの「ブラザービート」を踊りだしたんです。
アンガマ様はダンスもできるのか。
沖縄のことは知らないけど、Snow Manには詳しいんだなぁ。

5/18(水)普通のリフティングも難しい

番組のCM中にも流れる番宣撮影の1コマ

あぁ、また水曜を選んでしまったことをお許しください……。
だって、盛山さんが全然レギュラーに復帰できないんです。

この日は「リフティングのフリースタイルに成功すれば復帰」というチャレンジ。
盛山さんはサッカーが好きで、これまでもサッカー企画をやっていました。
番組としてはいけるかいけないかのラインのミッションを設定したつもりですが、終わってみるとだいぶ難しかったよう。
盛山さんも「こんなん無理や!」と(泣)。

番組の反省会で、スタッフさんたちも「普通のリフティングもできなかったとは……」と少し読み間違えていた様子。
この日誌が世に出るころには、無事復帰となっているのでしょうか……。

5/24(火)いつもの山添さんに安心……?

この週の金曜日に取り上げた「五右衛門」でランチ

この日は最新文房具の「ラヴィット!ランキング」、なんとあの山添さんがVTRに登場。
実は先週の火曜にもスタジオ出演されていました。

『〇ップUP!』でお忙しいのか、何週間ぶりか久々の『ラヴィット!』だったのですが、なんだか今までの山添さんと違う。
川島さんとも「なんか違いますね、本調子じゃないのかな」と話していました。

でも、この日のVTRでは「まーちゃん」と私のことを呼んで、またいつもの調子でよくわからないことを話されてました。
それを見ながら「あ、いつもの山添さんだ」と謎に安心する自分がいました。
よくない、よくない。
あの調子の山添さんに慣れるのはよくない!

視聴者のみなさんもですよ!

【関連】『クイック・ジャパン』vol.158 話題の朝番組『ラヴィット!』の魅力を徹底解剖!総合MC・川島明インタビューも!

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • アルコ&ピースが表紙『クイック・ジャパン』vol.161

    『クイック・ジャパン』vol.161

    発売日:6月25日(土)から順次
    定価:1,430円(税込)
    サイズ:A5/176ページ

    関連リンク


QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太