QJ編集部 今週のおすすめ情報(2月7日〜2月13日)

2020.2.7

『クイック・ジャパン ウェブ QJWeb』編集部員と『クイック・ジャパン QJ』本誌編集部員がお届けする「QJ編集部 今週のおすすめ情報」。イベントや展示、映画など、お仕事終わりや休日におすすめの情報をお届けします。

※今週は『クイック・ジャパン QJ』本誌編集部による情報はお休みです。また次回をお楽しみに!


2月7日(金)〜2月13日(木)のおすすめ情報

hotel koé tokyo 2nd Anniversary special week “new culture fes

早いもので、「hotel koe(ホテル コエ)」が2周年を迎えたそうです。渋谷パルコ・パート2がなくなり、跡地に何ができるのかと思っていたら「hotel koe」が建ち、なんなら昨年末にはパルコが渋谷へ帰ってきました。時が経つのは早い。話を戻すと、「hotel koe」の2周年。本日2月7日(金)から1週間、屋内フェス的なイベントを開催しています。ライブやDJだけでなく、コラボグッズの販売や限定フードメニューの提供もあるようです。冬は季節的に音楽フェスが少ないですが、ここに行けば存分に楽しめそう。私もどこかしらで行ってみようと思っています。(鈴木梢)

<information>
「hotel koé tokyo 2nd Anniversary special week “new culture fes”」
2020年2月7日(金)〜2020年2月13日(木)
営業時間:10:00~23:00(1F koe lobby 7:30~23:00 /L.O 22:30)
会場:hotel koé tokyo
https://hotelkoe.com/6108/

『サタンタンゴ 4Kデジタル・レストア版』

「Extreme Art Cinemas ~誰にも真似できない映画たち~」内『サタンタンゴ 4Kデジタル・レストア版』

高田馬場にある名画座「早稲田松竹」にて「Extream Art Cinemas」と題し、タル・ベーラはじめ、ロシア・ソ連にルーツを持つ映画特集が組まれています。特筆すべきはこの『サタンタンゴ 4Kデジタル・レストア版』。上映時間438分(途中休憩2回!)つまり7時間18分。その伝説的長さで有名な本作ですが、あのマーティン・スコセッシが「『サタンタンゴ』は心の中で反芻し続けることのできる、真の映画体験である」と絶賛するなど、映画としての評価も非常に高いです。映画好きにとって、これ以上贅沢な時間の過ごし方が他にあるでしょうか。2/8(土)~2/10(月)の期間限定上映です。ぜひ、この機会に劇場へ。(谷地森創)

<information>
「Extreme Art Cinemas ~誰にも真似できない映画たち~」内『サタンタンゴ 4Kデジタル・レストア版』

会場:早稲田松竹映画劇場
上映時間:
2/8(土)〜2/10(月) 開場 13:40/開映 14:00(~終映 21:55)
2/8(土) 開場 22:20/開映 22:40(~終映 6:35)※オールナイト上映
入場料金など、詳細はコチラをご参照ください。

butaji『中央線』×さとうもか『melt bitter』リリース記念インストアイベント@タワーレコード新宿店

さとうもか「melt bitter」

約1年前、2019年2月19日に渋谷WWWで観た『NEWWW vol.17』というイベントが衝撃だった。昨年観たライブの中で、新しい音楽との出会いという意味では一番だったかもしれない。初めて観た中村佳穂のライブが圧倒的でぶっ飛ばされたのは今の活躍を考えれば納得なのだけど、自分の中でライブ後にじわじわと気になり出し、結局は昨年、一番音源を聴いていたアーティストのひとりになったのが岡山在住のシンガーソングライター・さとうもかだった。
WWWのライブでは初めて組んだという東京のミュージシャンとのバンドセットだったのだが、曲の合間に挟まれる寸劇は拙いし、ライブも中村佳穂みたいな超絶テクな感じではないけれど、“さとうもかワールド”は完成されている……とでも言うべきか。
とにもかくにも、さとうもかは音源もいいけどライブもめちゃくちゃいいです(MCも!)。「melt summer」という彼女の代表曲のひとつ(めちゃくちゃド直球の恋愛ソング。歌詞が最高!)のアンサーソングとも言うべき『melt bitter』のCDが2020年1月22日に発売になり、2月8日に新宿タワレコで無料観覧できるインストアミニライブがあります。岡山在住でそこまで東京ではライブがないので、この機会にぜひ!
ちなみに、筆者が今冬で一番聴いている曲が、さとうもかをはじめ4名の音楽家による「コンビニエンスボーイ」。歌い手としてのさとうもかの才能が発揮されていて、Clairoとか好きな人にもおすすめです。(森田真規)

<information>
「butaji『中央線』×さとうもか『melt bitter』リリース記念インストアイベント」
2020年2月8日(土)19:00〜
会場:タワーレコード新宿店 10Fイベントスペース
出演:butaji、さとうもか
参加方法:観覧フリー。詳細はコチラをご参照ください。

今週末は深夜高速バスに乗って神戸へ

『まちのかたち キオクノキロク』

2/8(土)、2/9(日)の2日間、神戸・旧グッゲンハイム邸で行われるイベント『まちのかたち キオクノキロク』がずっと楽しみでした。「日々の暮らしやまちのなにげないものも含めた記憶を記録することを考え」るためのトークが2日間で総勢13名、全6回開催されます。『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』のスズキナオさんと『ごろごろ、神戸。』の平民金子さんの「まちにのまれる」まちの呑み屋のよもやま話も楽しみだし、そのふたりがインターネット黎明期から庶民が気軽に行けるようなお店情報を自身のサイトで発信しつづけてきた芝田真督さんに話を聞く「まちでうなづく」公開酒場談議も絶対楽しい。『ドライブイン探訪』の橋本倫史くんと「泊まれる出版社」をコンセプトに神奈川県の港町・真鶴でゲストハウスの運営と出版活動を手がける「真鶴出版」川口瞬・來住友美夫妻の「まちをしるす」話にも耳を傾けたい。他にも独特のツボを押さえた興味深いトークが盛りだくさん! 今週末は深夜高速バスに乗って神戸に集まりましょう。まだ間に合います。(森山裕之)

<information>
『まちのかたち キオクノキロク』

2020年2月8日(土)①10:00〜12:00、②13:00〜15:00、③16:00〜18:00
2020年2月9日(日)④10:00〜12:00、⑤13:00〜15:00、⑥16:00〜18:00

出演:川口瞬、來住友美、橋本倫史、豊田雅子、木坂葵、慈憲一、本田亙、森本アリ、岩淵拓郎、若狭健作、平民金子、スズキナオ、芝田真督 ※出演順
出店:1003、喫茶シロクマ(2/8のみ)、かばくんカレー(2/8のみ)、塩屋ハッピーマンデークラブ(2/9のみ)
会場:旧グッゲンハイム邸(JR/山陽塩屋駅から徒歩5分)
〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
料金:イベント各回 1000円/全6回通し券 4000円 ※要事前予約 
http://www.nedogu.com/blog/archives/25223

キャプテンとボンドを演じる2大俳優の新境地

キャプテン・アメリカとジェームズ・ボンドという2大ヒーローの共演が話題の映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の上映が始まりました。
品行方正で正義に一直線なキャプテン(ではなくクリス・エヴァンス)はダサいセーターを着て汚い言葉連発で他人を罵るし、ボンド(ではなくダニエル・クレイグ)は名探偵として筋肉を隠したまま難事件解決を目指す。しかも監督は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン。
アメリカでは非常に評判が良く、すでに続編が動いているとの報道も。アベンジャーズから卒業したクリエバと、次作で『007』を引退するクレイグの、次なるヒットシリーズになるかも。(田島太陽)

<information>
映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

2020年1月31日(金)より全国公開中
配給:ロングライド
https://longride.jp/knivesout-movie/

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太