紗愛、ないる、大河もも、人気コスプレイヤーが集結!人間サイズのガンダムも参戦した『ニコ超2022』コスプレリポート

2022.5.16
紗愛、ないる、大河もも、人気コスプレイヤーが集結!人間サイズのガンダムも参戦した『ニコ超2022』コスプレリポート

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


コスプレイベントといえば会場を彩るレイヤーたちの衣装を通して、その時期に旬のアニメやゲーム、コミックなどを分析できるところも参加する上での楽しみのひとつ。4月29日・30日に幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議2022』(略称:ニコ超)にも、魅力的なコスプレイヤーが大勢駆けつけ、撮影エリアは大盛り上がりとなっていた。

この記事では、『ニコ超2022』で撮影させてもらったコスプレイヤーたちの写真を、レポート記事と併せてお届けする。


『着せ恋』ヒロイン・喜多川海夢に扮したレイヤーが続々と集結

2日間で9万6160人が来場(ネット上では4月23日~30日にかけて開催。ネット総来場者数は1389万1680人)した『ニコ超2022』だが、参加者たちの衣装を見てみたところ、“コスプレ”を題材にしたテレビアニメ『その着せ替え人形は恋をする』が人気で、同作のヒロイン・喜多川海夢に扮したレイヤーが続々と集結。

素の状態はもちろん、作中で彼女が扮したコスプレ姿(黒江雫、ブラックロベリア、十六夜ありさバージョン)で参加していたレイヤーも多く、ツイッターのフォロワー数33万人超え(2022年5月14日現在)の人気コスプレイヤー・紗愛さんや、“美尻グラドル”としても知られる九条ねぎさん、ギャルコスプレイヤーのかえるちゃんも、喜多川海夢のコスプレで参戦。

『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:黒江雫)/紗愛さん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:黒江雫)/紗愛さん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:黒江雫)/九条ねぎさん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢(衣装:黒江雫)/九条ねぎさん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢/かえるちゃんさん
『その着せ替え人形は恋をする』喜多川海夢/かえるちゃんさん

「今後挑戦してみたいコスプレは?」と質問したところ、「海夢ちゃんは衣装バリエーションが豊富なので、すべてのバージョンのコスプレをするまでほかの作品には移れないですね」や、「今、着ている衣装もまだまだ改善できるので、撮っていただいた写真を見ながら全体を細かく調整していきます」といった意見を聞かせてもらえた。

また会場では、「ニコニコ」と親和性の高いボーカロイドであったり、特設ステージで音楽&トークライブフェスを実施したバーチャルYouTuberに扮するコスプレイヤーも多く、同ジャンルのレイヤー同士で集まり、大規模な“併せ”を楽しんでいたグループの姿も見られた。

ボーカロイド・初音ミク/猫田あしゅさん
ボーカロイド・初音ミク/猫田あしゅさん
バーチャルYouTuber・戌神ころね/大河ももさん
バーチャルYouTuber・戌神ころね/大河ももさん

ほかにも、今なお根強い人気を誇る『Re:ゼロから始める異世界生活』のレムや、人間サイズで再現した『機動戦士ガンダム』の主人公機・RX-78ガンダムなど、さまざまなキャラクターに扮したコスプレイヤーが参加していて、取材をお願いしたところ、いずれも快く、そのキャラを忠実に再現したポーズで撮影に応じてくれた。

『Re:ゼロから始める異世界生活』レム/ないるさん
『Re:ゼロから始める異世界生活』レム/ないるさん
『機動戦士ガンダム』RX-78ガンダム/くろぼうしさん
『機動戦士ガンダム』RX-78ガンダム/くろぼうしさん

【関連】人気グラドル・青山ひかる&人気コスプレイヤー・霜月めあが『SPY×FAMILY』で参戦!『ニコ超2022』コスプレレポート


この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..