「地元から車を飛ばして来ました」と遠征レイヤーも集結!『着せ恋』『シン・ゴジラ』『ガンダム』など『ワンフェス』コスプレレポート【写真たくさん】

『ワンダーフェスティバル2022[冬]』

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


新型コロナウイルス感染症の影響で、長らく中止・延期がつづいていた『ワンダーフェスティバル(略称:ワンフェス)』。そんな同イベントが、入場時の検温やマスク着用・消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな感染予防対策を講じた上で2年ぶりに開催された(2022年2月6日、幕張メッセにて開催)。

世界最大規模のガレージキットの祭典として知られ、国内はもちろん、海外のサブカルファンからも注目されている『ワンフェス』に取材参加して見つけたハイレベルなコスプレイヤーたちの写真を、イベントレポートと併せて紹介しよう。


レイヤー仲間と2年ぶりに会うことができた

そもそも『ワンフェス』とはプロ・アマチュアを問わず、製作者であれば誰でも造形物を展示・販売することができる催しとして1984年よりスタート。1992年からは、造形メーカーの海洋堂が主催を引き継ぐかたちで規模を拡充し、企業とのタイアップ企画なども実施するようになった。

航空機、戦艦、鉄道車両などの模型から、特撮ヒーロー&アニメのキャラクターのフィギュア、さらには武器や装飾品のレプリカといった、さまざまなアイテムがずらりと展示され、それらの購入はもちろん、写真撮影や出展者との交流を目的に参加する来場者が多い、ということでも有名なイベントだ。

このたび開催された『ワンダーフェスティバル2022[冬]』では、そうした展示ブースに加え、ジオラマ製作&フィギュアの塗装を体験できるコーナーや、さまざまなステージ企画を行うためのオフィシャルステージも設置。アニソンシンガー&声優陣によるライブや人気アニメの制作陣によるトークショー、さらには「ミクチャ×クラップス スペシャルステージ」というコスプレ企画まで実施され、いずれも好評を博していた。

ミクチャ×クラップススペシャルステージ in ワンダーフェスティバル2022冬(2022年2月6日)

ちなみにコスプレイベントといえば、会場を彩るレイヤーの衣装を通して、その時期に旬のアニメやゲーム、コミックなどを分析できる点も、参加する上での醍醐味のひとつ。

コスプレエリアをのぞいてみると、現在、テレビアニメが放送中の『その着せ替え人形は恋をする』をはじめ、1300万ダウンロード突破の人気ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』、4月29日公開予定の『RE:cycle of the PENGUINDRUM』(テレビ放送時のタイトルは『輪るピングドラム』)など、話題作のヒロインに扮した美女レイヤーが大集結!

『ウマ娘 プリティーダービー』ゴールドシチー/かりんちゃまさん
『ウマ娘 プリティーダービー』ゴールドシチー/かりんちゃまさん
『RE:cycle of the PENGUINDRUM(輪るピングドラム)』プリンセス・オブ・ザ・クリスタル/やよっぺさん
『RE:cycle of the PENGUINDRUM(輪るピングドラム)』プリンセス・オブ・ザ・クリスタル/やよっぺさん

さらに、2021年に大ヒットを記録した『東京リベンジャーズ』、『竜とそばかすの姫』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』などのキャラクターや、『シン・ゴジラ』の擬人化衣装、『機動戦士Zガンダム』の等身大モビルスーツなど、こだわりの光るコスプレで参加していたレイヤーも多く、それぞれに撮影のための長蛇の列ができていたのも印象的だった。

『東京リベンジャーズ』乾青宗/をるか。さん
『東京リベンジャーズ』乾青宗/をるか。さん
『機動戦士Zガンダム』アッシマー/らぷらすさん
『機動戦士Zガンダム』アッシマー/らぷらすさん

なお、参加者の中には名古屋や大阪、新潟といった遠方から駆けつけたというレイヤーもちらほらいて、参加した感想を聞いてみたところ、以下のように答えてくれた。

「毎回、『ワンフェス』で再会しては、お互いに衣装を見せ合ったり、写真を撮ったりするレイヤー仲間がいるんですけど、今回はさすがに全員集合とはいかなくて……。それでも、2年ぶりにこうして友人たちに会うことができたので、遠征してきてよかったと思っています。もちろん、安全面には最大限に気をつけて、公共の交通機関は使わず、地元から車を飛ばして来ました」

こうして大盛況のうちに終了した『ワンフェス2022[冬]』につづき、7月24日には早くも『ワンダーフェスティバル2022[夏]』の開催が決定。さらに5月2日・3日には、上海でのイベント開催も発表されるなど、徐々に活気を取り戻しつつある『ワンフェス』。

果たして次回の開催時には、どのような作品のコスプレに人気が集中するのか? そうした点にも注意しながら最新のアニメ、ゲーム、コミックなどをチェックしておき、『ワンフェス2022[夏]』の会場で答え合わせをするのもおもしろそうだ。

【関連】コスプレ記事一覧

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全20枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太