『鬼滅の刃』『GANTZ』『チェンソーマン』など話題作のコスプレが大集結!『池袋ハロウィンコスプレフェス2021』潜入リポート【写真たくさん】

2021.11.25
『池袋ハロウィンコスプレフェス2021』

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


秋の大型コスプレイベントとして、多くのコスプレファンから親しまれている『池袋ハロウィンコスプレフェス(略称:池ハロ)』。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインのみの実施となった『池ハロ』が、2年ぶりにリアルイベントとして開催。

会場となった東京・池袋のサンシャインシティおよびイケ・サンパークには、新旧さまざまなアニメやゲームのキャラクターに扮したレイヤーが集結し、大盛り上がりとなった。『池袋ハロウィンコスプレフェス2021』と称して実施された同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーの写真を、レポート記事と併せてお届け!


秋空の下、ハイレベルなコスプレイヤーが一堂に集結!

緊急事態宣言の解除後とはいえ、安全面には最大限に気を遣うかたちで行われた『池ハロ2021』(2021年10月30日・31日開催)。現地では、マスクの持参・着用、参加中の定期的な消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな感染予防対策が講じられていて、参加者たちもルールを順守しつつ、撮影や交流を満喫する姿が各所で見られた。

また、イケ・サンパークに設けられた特設ステージおよび周辺エリアでは、コスプレイヤーの“来年の顔”を決定する「コスプレイヤー・オブ・ザ・イヤー」や、人気レイヤーの撮影ができる「ソーシャルディスタンス撮影会」といった企画が実施され、これらも大盛況。サンシャインシティ内のコンファレンスルームでは、同人即売会「acosta!マルシェ」も同時開催となり、こちらにも多くのレイヤーがブースを出展していた。

ちなみに、参加レイヤーの衣装を見てみると、2021年3月に公開され大ヒットを記録した『シン・エヴァンゲリオン劇場版』をはじめ、現在、“無限列車編”が好評放送中のテレビアニメ『鬼滅の刃』、コスプレを題材にしたコミック『2.5次元の誘惑』など、話題性のある作品のコスプレが人気で、これらのキャラクター(に扮したコスプレイヤー)が大勢集結。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』式波・アスカ・ラングレー:日下部ほたるさん
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』式波・アスカ・ラングレー:日下部ほたるさん
『2.5次元の誘惑』リリエル:ありささん
『2.5次元の誘惑』リリエル:ありささん

ほかにも、2022年1月より放送開始予定の『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』や、アニメ化の続報が気になる『チェンソーマン』、今年7月で6周年を迎えたスマホゲーム『Fate/Grand Order』といった作品のヒロインたちも続々と駆けつけ、中には別々の作品のキャラ同士で、ツーショットや集合写真の撮影を楽しんでいたグループもいた。

『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』空条徐倫:mi-ya.さん
『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』空条徐倫:mi-ya.さん
『Fate/Grand Order』楊貴妃:あおたややさん
『Fate/Grand Order』楊貴妃:あおたややさん

なお『池ハロ』といえば、こうしたキャラクターもののコスプレに加え、ハロウィンシーズンならではのオリジナルコスプレで参加するレイヤーが多い点も特徴的。だが今年は、オリジナル衣装の参加者の比率は少なめで、その理由をレイヤー陣に質問してみたところ、以下の意見を聞かせてもらえた。

「定期的にコスプレイベントが行われたころは、“その時期ならではの衣装で参加する”という楽しみ方をする人も大勢いましたが、コロナの影響で、イベントそのものがほとんど開催されなくなってしまって……。その間、コスプレを我慢していたレイヤーからすれば、久しぶりのイベントでは“ずっとやりたいと思っていたキャラのコスプレをしたい!”となるのは自然な流れなので、必然的にオリジナル衣装での参加者は少なくなった……ということだと思います」

大盛況となった『池ハロ2021』につづき、コスプレが楽しめるイベントとしては、年末に『コミックマーケット99』が控えている(2021年12月30日・31日、東京国際展示場にて開催予定)。果たして『コミケ99』では、どのような作品のコスプレに人気が集中するのか? こちらも非常に気になるところだ。


この記事の画像(全16枚)




この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

⾃⾝の思想をカタチにする「FLATLAND」

アーティスト・モデル

森田美勇⼈

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

「BiSH」元メンバー、現「CENT」

アーティスト

セントチヒロ・チッチ

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)

最新ニュースから現代のアイドル事情を紐解く

振付師

竹中夏海

平成カルチャーを語り尽くす「来世もウチら平成で」

演劇モデル

長井 短

子を持つ男親に聞く「赤裸々告白」連載

ライター・コラムニスト

稲田豊史

頭の中に(現実にはいない)妹がいる

お笑い芸人「めぞん」「板橋ハウス」

吉野おいなり君(めぞん)

怠惰なキャラクターでTikTokで大人気

「JamsCollection」メンバー

小此木流花(るーるる)

知らない街を散歩しながら考える

WACK所属「ExWHYZ」メンバー

mikina

『テニスの王子様』ほかミュージカル等で大活躍

俳優

東 啓介

『ラブライブ!』『戦姫絶唱シンフォギア』ほか多数出演

声優

南條愛乃

“アレルギー数値”平均の約100倍!

お笑い芸人

ちびシャトル

イギリスから来た黒船天使

グラビアアイドル/コスプレイヤー

ジェマ・ルイーズ

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。