<2021年トピック>母のピン稼働、相方の不可解な言動、みっともないネットニュース|納言・薄幸の酔いどれコラム#9



みっともないネットニュース

最後は、新生活がスタートした事。
去年から始めたルームシェアから抜けて、年末から一人暮らしを開始した。
その事をツイッターでツイートすると、元同居人から

“俺たちはどうやって生きていけばいいんだ!”

“ぎゃー!! みゆきさんが引っ越してしまいました これからどうやって生きていけばいいんだ”

“待ってくれよ。どーするんだよ。せめてカクヤスでおーいお茶だけは頼むの継続してくれよ”

など、皆の親が見たら泣いてしまうであろう、とてもじゃないけど良い歳した大人だとは思えない悲しい引用リツイートを続々と頂いた。

それによって
<納言・薄幸 ルームシェアから“独立” 元同居人悲鳴「どうやって生きていけば」「せめてお茶だけは…」>
という、何ともみっともないネットニュースにもなってしまった。

まだ悲鳴を上げているであろう、愛おしい同居人達と別れての新生活。
ネタ作りなどを自宅でしようとすると、嘘みたいにサボる癖がある私。
今回、思い切って生活スペースとは別に、作業部屋を自宅に作ろうと思い、一人暮らしにしては、まあまあ広いマンションを借りる事にした。

ちょっと、これが、結構失敗した。
元々物が少ない私は、作業部屋に机と椅子しか置く物がなく、独房としか思えない部屋が完成してしまった。
反省するにはピッタリな部屋だ。

だから来年は、ピンクのお花とかを作業部屋に飾りまくる。
ピンクのお花を飾りまくって、来年の納言は可愛いネタを主にやっていきたいと思う。

そんな可愛い納言を、どうか来年も応援のほど宜しくお願いします。

納言
薄幸(右)と、相方・安部紀克(左)

連載納言・薄幸の酔いどれコラムは、毎月1回の更新予定です。


この記事の画像(全6枚)




この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

薄幸(納言)

(すすき・みゆき)お笑い芸人。1993年生まれ、千葉県出身。安部紀克との男女コンビ「納言」のメンバー。「三茶の女は返事が小せえな」「渋谷はもうバイオハザードみてえな街だな」など“街ディス”ネタが人気のコンビ。バラエティでは薄幸のヘビースモーカーっぷりや大酒飲みのやさぐれキャラクターにも注目が集まって..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。