『勇者ああああ』が「真面目なゲーム企画」だけで90分生配信「売り上げが見込めるならクリエイターのプライドなんて糞食らえ」



『真面目な勇者ああああ』企画ラインナップ

ということで今回はこれまでの生配信で培ってきた経験をフル活用して、お笑いの力に頼らない「真面目なゲーム企画」だけで90分の生配信に挑戦してみたいと思う。もちろん先述したようにプレゼン企画だけでは間延びしそうなので、生配信ならではの新企画も考えた。イベント当日のラインナップは以下のとおり……!

<『真面目な勇者ああああ』ラインナップ>

1. オープニングアクト「生でコマンド危機一髪」
地上波時代の名物コーナーがオープニングアクトに登場! お笑いもゲームも大好きなchelmicoをゲストに迎え、超激ムズな格ゲーコマンド入力に生配信で挑む! 成功しないとイベントが始まらないプレッシャーチャレンジ、果たして成功なるか!?

2. 「勝手にEVO2021」
番組に最も縁のあるプロゲーマー・板橋ザンギエフ選手とナウマン選手が“普段まったく練習していない”トリッキーな格闘ゲームで対決する、ガチのeスポーツ企画がまさかの復活!

3. 「有名すぎるマイナーゲーム『moon』を語りつくせ! 第二回ゲームクリエイターほめられたいプレゼン大会」
伝説のアンチRPG『moon』クリエイターの木村祥朗さんを喜ばせるため、番組を代表するゲーマーたちが集結し“接待プレゼン”の技を競い合う! 果たして最もゲームクリエイターにハマるゲーマーは誰なのか!?

4. 「配信で引っかからないゲーム音楽コンサート」
低予算番組ならではの「楽曲使用料」を支払えないという悩みを解決するべくゲーム音楽を研究し尽くしたアーティストこまつが「実際には存在しないゲームソフトのBGM」を作曲&披露する音楽ライブコーナー。知らない曲なのにどこか懐かしい楽曲の数々に酔いしれろ!

以上である。間延びを恐れて4コーナーも考えてしまった結果、今度は逆に90分に収まらない可能性が出てきてしまった。そのほかにも、「プレゼン企画中にゲームについて何も知らないアルコ&ピースがただの置物になってしまうかも」とか「ひさびさの表舞台でヤマグチクエストが緊張してゲロ吐くかも」とか、さまざまな不安要素は孕んでいるのだけれど、まあそこも含めて“生ならでは”の醍醐味として楽しんでいただければと。もちろんお笑い好きの人が満足できるような演出もしっかりありますので、そのあたりはご心配なく。

ただやっぱり僕は編集したVTRが好きなんで、いつかは地上波でやりたいですけどね。

<追伸>

ちなみに『真面目な勇者ああああ』の一週間前には、番組出演者で一番の出世頭でもあるマヂカルラブリーがMCを務める『マヂカルクリエイターズ』の生配信イベントも12月5日(日)にあります。“ハリウッドザコシショウがデスゲームをプロデュース!”っていう「不真面目を煮詰めて焦げつかせた」みたいなライブになる予定です。お笑いが好き過ぎていろいろ生活に支障が出ちゃってる人の一服の清涼剤になれるようなイベントを目指して作ってます。おもしろいと思うのでぜひご覧ください。


この記事の画像(全3枚)



  • 勇者ああああ

    真面目な勇者ああああ 〜ゲーム番組なのでちゃんとゲーム企画をやりましょう〜

    12月12日(日)19:30開場/20:00開演
    価格:1,600円(税込)
    販売期間:12月19日(日)12:00(アーカイブ視聴は23:59)まで
     
    出演:アルコ&ピース、相田周二(三四郎)、ノブオ(ペンギンズ)、chelmico(Rachel、Mamiko)、板橋ザンギエフ、ナウマン、ヤマグチクエスト、岩永圭吾(リップグリップ)、木村祥朗(オニオンゲームス)、こまつ、田口尚平ほか
     

    関連リンク

  • マヂカルクリエイターズ

    マヂカルクリエイターズ ハリウッドザコシショウがお笑いデスゲームを始めるよ〜!

    12月5日(日)17:00配信開始
    価格:1,600円(税込)
    販売期間:12月12日(日)12:00(アーカイブ視聴は23:59)まで
     
    出演:マヂカルラブリー、ハリウッドザコシショウ、インポッシブル、ななまがり、モダンタイムスほか

    関連リンク


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

板川侑右

(いたがわ・ゆうすけ)2008年テレビ東京入社。制作局で『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』などのADを経て『ピラメキーノ』でディレクターデビュー。その後『ゴッドタン』『トーキョーライブ22時』などのディレクター業務を経て特番『ぽい図ん』で初演出を担当。過去に『モヤモヤさまぁ〜ず2』のディ..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。