もう中学生、ツッコミなしの劇場でのネタに「だいぶ不安になってきてます」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】麒麟・川島、もう中学生を「ほとんどの芸人が敵わない」と絶賛


『もう中学生のおグッズ!』

「初の偶数回」の2回目。今回はTBSショップとテレ東ショップへ。ゲストは引きつづきノブコブ吉村。

「生ワイプ」システムでもう中の自由過ぎる言動に「(ツッコミの)リズム崩しちゃってるよ……」「なんで通ったの、この企画?」「手数多いぞ、このロケ。いろんな人に言っとくわ。前日ちゃんと寝ないとダメだ」などずっと困惑しながらツッコみつづける。

途中、置いていたリュックがなくなったと訴えるもう中。が、「ちょっと移動しただけでした」とすぐに判明。「どういう番組? 観たことないよ、ずっと」とあきれる吉村。

そんなもう中に吉村は「普段の劇場は誰もツッコミいないけど、どうやってやってるの、お笑い?」と聞くと「正直なところだいぶ不安にはなってきてます。とっ散らかしてしてしまってそのまんま終わってしまって誰にも触れられない存在になりつつあって……」とほんの一瞬、人間味を見せるもう中が新鮮だった。

「怖いよ、この番組。俺、あぐらかいてたな最近。もっとここ足りなかったって自分に気づいた」と吉村はこの日の感想を述べるが、戸惑いを戸惑いとして的確に言葉にして観る者のガイドにする吉村のスゴさを改めて感じさせるロケだった。

『マンガ沼』

ゲストに『刃牙』シリーズの板垣恵介を迎えた前・後編。「キャラが人間離れしすぎて『これはさすがにやりすぎたな……』と思うシーンは?」という質問の答えが「ないよ。『足りなさ』を反省する」など、一つひとつの回答が刃牙そのものの切れ味で最高ッ!!

 「強化アクリルを突き破る範馬勇次郎」のシーンでは打ち合わせで担当編集から強化アクリルを「蹴り」で破ると提案され「なんでそんな陳腐なこと言うんだ!」と立腹し「勇次郎はそのまま歩いて入って行くんだよ!」と言ってしまったそう。

言ってしまったらそれをおもしろく描くしかない。そのとき思い浮かべたのが、芸人がストッキングを被ったときの顔。そこからあの名シーンが生まれたと。

「今後戦わせたい相手はいますか?」には、範馬勇次郎と『北斗の拳』のラオウと戦わせたいと回答。「ラオウは関節が硬い」と弱点を分析してリアルに戦いを想定しているのがとても、らしくていい。

「勇次郎が負けるかも、という脅威を感じるキャラクターはいますか?」と山内が質問をつづけると、なんと『アグネス仮面』のマーベラス虎嶋(アントニオ猪木がモチーフ)を挙げる。まさかここで『アグネス仮面』が出てくるとは!

そんななかで母親とのシーンに関する話は感動的だった。「『刃牙』シリーズの中で、ご自身でも満足している美しく描けたシーンはありますか?」という質問に「亡くなった母親を背負って歩く幻想シーン」と回答した板垣。

実はこのシーンを描く半年ほど前に母親が亡くなったそう。スキンシップの好きな母親だったが、年頃だった板垣はそれを拒否していた。

「でも亡くなってから、一緒に手をつないで歩く夢をよく見たのよ。その夢で母親が『手をつないで歩いて恥ずかしくないの?』と聞くわけ。で、俺はそれに『いいんだよ。勝手に笑わせておきゃいいんだ』と言ってたから、あのシーンと非常に似てる」と。

母親が死に至る「勇次郎オオッッ、ぁたしが相手だッッ」のシーンは、泣きながら描いたという。


明日観たい番組:『NEWニューヨーク』で「1時間SP番外編」など

『クセがスゴいネタGP』(フジ)2時間SP。

『アウト×デラックス』(フジ)に、中川翔子。

『アメトーーク!』(テレ朝)「ネオバラ世界体操祭り」。

『あらびき団』(TBS) に、マヂカルラブリー、風船太郎、ハリウッドザコシショウ、友近、ニッポンの社長、カイちゃん、ダブルアート、ドッグ石橋、軟水、はんなちゃん(大道芸)、ペレ草田、バッファロー吾郎A、はるな愛、ハイツ友の会、テキサスマウンテンローレル、スーパーニュウニュウ。

『かまいガチ』(テレ朝)「男たちのガチ妄想企画!絶対にありえない理想の女性を振りたいねん!」。

『NEWニューヨーク』(テレ朝)「1時間SP番外編」。

『野田レーザーの逆算』(テレ朝)「こち亀逆算」「畠中逆算」「チクショー逆算」。

『マンガ沼』(日テレ)『こづかい万歳』の吉本浩二。

『徹子の部屋』(テレ朝)に、井上順。

江口のりこ・主演『SUPER RICH』、アニメ『王様ランキング』(共にフジ)開始。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太