大宮セブンのコントがひとつの世界になった! 「月刊コント ルミネde大宮セブン号」詳細レポ

「月刊コント ルミネde大宮セブン号」 サムネ

文=釣木文恵 撮影=時永大吾 編集=アライユキコ


12年の歴史を刻むお〜い!久馬の『月刊コント』。大宮セブンが初めてゲストとして登場した無観客配信ライブを、大宮セブンインタビューシリーズなどを担当するライター・釣木文恵がレポートします。


大宮セブン、ルミネtheよしもとに初登場

ザ・プラン9のお〜い!久馬が2009年に立ち上げたライブ『月刊コント』。実に12年にわたり、月1回のペースで開催されている。毎回さまざまな芸人のコントが”編集長”久馬によってひとつの世界へとつながっていく。

今回、久馬は「ルミネde大宮セブン号」と題して大宮セブン(マヂカルラブリー、囲碁将棋、GAG、タモンズ、すゑひろがりず、ジェラードン)を招集。昨年来急激に注目を集め、今年は全国3都市ツアーまで果たした彼らだが、6組揃って大宮セブンとして”中央”ルミネtheよしもとのステージに立つのは今回が初めてのこと。

とくに漫才を中心に活動している囲碁将棋、タモンズ、すゑひろがりずは「月刊コント」参加自体が初。囲碁将棋・文田が前日に「自分が足引っ張らないか心配すぎて今晩寝れる気がしないんですけど」、すゑひろがりず南條が「ちょっと凄すぎるものを作って頂きました。大河と呼べるかもしれません!」など、始まる前からふだんの大宮セブンライブとは異なる緊張や興奮をツイートしていた。

囲碁将棋のコントが一瞬で映画に


この記事の画像(全35枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

釣木文恵

(つるき・ふみえ)ライター。名古屋出身。演劇、お笑いなどを中心にインタビューやレビューを執筆。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太