“映え”だけじゃない。友達作りも恋愛もSNSから始まるZ世代

2021.5.31


友達作りもSNSで。写真や動画で、仲よくなれそうか判断

恋愛だけでなく、友達作りもSNSで活発に行われています。

彼らはハッシュタグを駆使して趣味が合う人を見つけ、友達になります。実際にSHIBUYA109渋谷店に来館する若者を対象に調査を行っていても、ふたり組の女の子に関係性を聞いてみると、「SNSで知り合ったヲタ友です」と返ってくることも少なくありません。50組中、だいたい10組くらいはそのように回答してくれます。

友達作りのために使われるハッシュタグはさまざまですが、「#●●好きさんと繋がりたい」という定番のハッシュタグ以外にも、「#わーーーージャニオタさんと繋がるお時間がやってまいりましたいっぱい繋がりましょ」や「#世界一hiレベルな女と繋がりたい」といった、その界隈しかわからない独自のハッシュタグも生まれています。

長田麻衣_0529_1
インスタグラムの検索結果

SNSの中でも特にインスタグラムを恋人や友達作りに使うことが多い傾向にありますが、それはなぜなのか。その理由は、今の若者がビジュアルコミュニケーション力に長けていることが関係しています。

これまで私たちの過去のインタビューでも、多くの若者から、「ハッシュタグ検索をして出てきた投稿から、自分と同じテイストが好きそうだなと思うアカウントを見つけ、その人の過去の投稿やストーリー(24時間で消える限定投稿)をみて、仲よくなれそうかチェックする」という話を聞きます。

SNSネイティブである彼らは、写真や動画でコミュニケーションを取ることが多く、視覚的な情報から雰囲気やニュアンスを感じ取る力に長けています。彼らはテキストで多くを語らずとも、SNSの投稿から「その人らしさ」を感じ取り、共感し、仲よくなれそうなポイントを見つけているのです。

かつては、同じクラスでもなかなか話せない憧れの子を知るには、超地道な情報収集が必要でした。でも今は、SNSのアカウントを見つけられれば、休日を過ごしている様子や趣味を知ることができるだけでなく、リアルタイムで何をしていて、どんなことを考えているのかも知ることができる。そう考えると、SNSを活用しないわけにはいきません。

Z世代のリアルな恋愛あざとテク


この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

長田麻衣

(おさだ・まい)株式会社SHIBUYA109エンタテイメント マーケティング戦略部 エキスパート SHIBUYA109 lab.所長。総合マーケティング会社にて、主に化粧品・食品・玩具メーカーの商品開発・ブランディング・ターゲット設定のための調査やPRサポートを経て、2017年に株式会社SHIBUY..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太