阿部寛『ドラゴン桜』3話「搾取される馬車馬が人間になるためには勉強するしかねえんだ!」

2021.5.16
(4話より)/日曜劇場『ドラゴン桜』(C)TBS

文=米光一成 編集=アライユキコ


日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS夜9時〜)3話。いよいよ東大受験に向けての勉強が始まった。理事長(江口のりこ)は、桜木(阿部寛)の「東大専科」に対抗して「難関大コース」を立ち上げて勝負を挑む。令和の東大攻略初戦を復習しよう。


三流大学出身に教えてもらうつもりはない

『ドラゴン桜』、ついに桜木の「バカとブスこそ東大に行け」も飛び出した第3話。
いよいよ勉強バトルがスタートした。

理事長の久美子(江口のりこ)は、東大専科に4人も生徒が集まって焦っている。5人の東大合格者が出たら辞任しなければならないからだ。
妨害するために「難関大コース」を設立。学年トップの藤井遼(鈴鹿央士)を入れるが、藤井くんは、三流大学出身に教えてもらうつもりはないと先生をディスり、それを見ていた他の生徒は入らず。たったひとりの難関大コース(しかもそのひとりは出席せず)になってしまう。

東大専科vs難関大コースで対決して、負けたクラスは即廃止。
勉強で対決して逆転勝利するパターンの『ドラゴン桜』節がいよいよ全開だ。
東大専科のメンバーは4人。初期メンバーの天野(加藤清史郎)と菜緒(南沙良)はすぐに辞めたが、第2話の楓(平手友梨奈)のがんばりに感動して再加入。さらに、おそらく楓に惚れている瀬戸(高橋海人)もイヤイヤながら参加。

この4人の平均点と、学年トップの藤井遼の得点で対決である。
第3話のマル秘勉強法は3本柱。
令和版勉強法は、どんな秘策だったか?

藤井は『ドラゴン桜』を観てないのか!


この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..