阿部寛『ドラゴン桜』が帰ってくる!2021年版のポイントを直前予習だ

2021.4.25


『ドラゴン桜』が画期的だった点

2005年版のお話を復習しよう。
桜木建二は、元暴走族のリーダーで、潰れそうな弁護士事務所の所長。崩壊寸前のバカ学校の私立龍山高校の負債処理のためにやってくるが、5人の東大合格者を出して進学校にするとぶち上げる。注目を浴びて、虎ノ門に法律事務所を構えようという打算的な狙いだ。
結果、5人合格は叶わず。だが3人の東大合格者を出した。

学園ドラマといえば、学校が舞台でありながら、描かれるのは「青春の悩み」「人間関係」が基本だった。勉強シーンや、テストのシーンは、添え物であった。『ドラゴン桜』が画期的だったのは、「学ぶことそのもの」をテーマにし、受験をエンタテインメントとして描いたことだ。

東大進学を目指す「特進クラス」の担任になった桜木建二は、「マル秘受験テクニック」と「突飛だが理にかなった勉強法」を繰り出していく。

と、同時に、元暴走族で弁護士という型破りな先生が、熱く本音で生徒たちとぶつかり合うという従来の学園ドラマのツボもがっちり押さえている。東大に合格するために、生徒一人ひとりの悩みや、家庭環境は無視できない。打算的かつ合理的な桜木だからこそ、生徒たちとの人間ドラマが生まれるのだ。

2005年版で披露された勉強法7を紹介しよう。

【1】「数学とはある意味スポーツ!」
暗算や公式を卓球のポーズで反射的に返す「卓球暗記法」。

【2】「古典攻略はまずマンガで!」
古典に親しむためにマンガから入門(ドラマでは、『GENJI 源氏物語』、マンガ版では『あさきゆめみし』が紹介される)。

【3】「背中に暗記項目を貼って歩け」
全員が背中に暗記項目を貼りつけ、その背中を追うようにして歩きながら暗記。

【4】「バカ鉢巻き!」
テストで最低点を取った者はバカ鉢巻きをつける罰ゲーム。

【5】「英語の歌で基本フレーズ習得」
英語の歌を歌って英語の基本フレーズ100を習得する特訓。

【6】「100問無限小テスト!」
小学生レベルの簡単な計算100問を10分ぐらいの短時間で100点取るまで無限に繰り返す特訓。

【7】「メモリーツリーでスクラム勉強」
世界史などのキーワードの関連樹形図をお互いが作って共有、みんなでスクラムを組んで勉強だ。

受験そのものも、高校生を取り巻く環境は、大きく変わった。16年前の方法では通用しない。「バカ鉢巻き」は、2021年版のドラマに登場するのだろうか? するとしたら、どういう反応が返ってくるのか。新しい勉強法、新しいドラマが展開されていくだろう。楽しみだ。

【関連】前作から15年後を描く『ドラゴン桜』脚本を人気放送作家らが担当

[新日曜劇場]『ドラゴン桜』偏差値32 県内有数のバカ学校を救え!! 4/25(日)よる9時スタート【TBS】

この記事の画像(全3枚)



  • ドラゴン桜

    『ドラゴン桜』

    出演:阿部寛、長澤まさみ、高橋海人(King & Prince 高は正式には「はしご高」)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎 ほか
    原作:三田紀房『ドラゴン桜2』(コルク)
    脚本:オークラ、李正美、小山正太
    音楽:木村秀彬
    プロデューサー:飯田和孝、黎景怡
    演出:福澤克雄、石井康晴、青山貴洋

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太