エヴァは、ついに「乳化」した。──『シン・エヴァンゲリオン劇場版』レビュー

2021.3.8

文=相田冬二 編集=森田真規


日本社会のひとつの分水嶺となった1995年に誕生したアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』。

そのシリーズの完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、2021年3月8日に日本全国の劇場で公開された。公開日の朝に同作を鑑賞したライター・相田冬二による、レビューをお届けします。

「どのようなピリオドだったのか、言及するつもりはない。それは、あなたが、あなたの五感すべてで受け取ればそれでいい。この最終作は、それぞれの「あなた」を信頼している」


そもそも、鍵はなかった。

四半世紀に及ぶエヴァ史に、ついに終止符が打たれた。

かつてオリジナルタイトルにあった、文字どおりの「新世紀」を世界は迎えている。そして、放映開始時にはまだ昭和の匂いが残る黎明期だった平成も終わり、日本は令和という元号を生きている。

何かが終われば、何かが始まる。それだけのことだ。世界も。日本も。あなたも。私も。始まったら、終わるのだ。終わらないものなどない。だが、すべてが死滅することもない。私たちは、1995年から2021年までをかけて、壮大にして極小の真実を知ることになった。

どのようなピリオドだったのか、言及するつもりはない。それは、あなたが、あなたの五感すべてで受け取ればそれでいい。この最終作は、それぞれの「あなた」を信頼している。心の底から信頼している。私たちは信頼されているのだから、私たちも作品を信頼すればいいのだ。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告・改2【公式】

このシンプルなエネルギーに、何よりも感動させられた。信頼のエネルギー。媚びるわけでも、自閉するわけでも、無闇に驚かせるわけでも、過剰にメッセージするわけでもない。まっさらに、他者を、相手を、「あなた」を信頼するということ。

作り手が観客を支配するわけではない。ここには、支配=被支配の関係はない。開かれている。開放されている。ミクロな好奇心も、マクロな欲望も、受容している。どうぞ、ご自由に。門は、開けっぱなし。鍵はかけない。そもそも、鍵はなかった。だから、これだけ多くの人に愛されている。鍵は、いつだって、私たちの胸の内にあった。そのことに気づかされる。信頼のエネルギーがもたらすのは、謎解きの快感ではない。私たちが、私たちであることの実存の発見。「あなた」は、「あなた」のままでいい。

新しくなれる邂逅の可能性が、ここでは提示されている。


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

相田冬二

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太