読書の目的とは、教養とは何か。 中村光夫の読書論

2021.3.13


新しい価値観がどれほど優れたものであっても、過去の書物を否定したくない

『青春と女性』中村光夫/レグルス文庫

中村光夫著『青春と女性』(レグルス文庫/1975年)に「教養について」では読書の意義と心得をこんなふうに述べている。

僕等が実生活の交友の範囲でめぐりあえる人々は、まず第一に僕等の短い生命によって制約をうけ、また生まれた国、住む場所によって必然に制限されます。

そこへ行くと書物は、歴史始まって以来の人類の各時代各国の代表的人物の声が、彼等の思想の精髄をつたえて凝縮されているのですから、普通の交友よりはるかに有益なわけで、これに対する僕等の心得はさきに述べた正直と謙虚以外ありません。

『青春と女性』「教養について」中村光夫/レグルス文庫

そして中村光夫は読書の目的を「自己の限界を認識し、人類とのつながりを意識することにある」という。人類には今の人だけではなく、過去の人も含まれている。新しい価値観がどれほど優れたものであっても、過去の書物を否定したくない——というのが、読書人としてのわたしの矜持だ。

また「教養について」では「自分に正直に問うて一番興味のあるものを読むのがよい」とも述べている。中村光夫は、高尚な外国文学を半知半解で読むより、娯楽小説でもなんでもいいからほんとうに好きなものを読むことをすすめる。

文学美術に関する書物は、科学の知識を得るための書物と違って、まず人の意見を聞かず、自分の好むところを固執することがかえって必要です。

『青春と女性』「教養について」中村光夫/レグルス文庫

中村光夫の読書論の要諦は「自分の好きなものを読め、書物に対して謙虚になれ」ということになるのだが、ダイエットや片づけ同様、わかっていても実行するのがむずかしい。とはいえ、小太りの人のほうが風邪をひきにくいという説や片づきすぎた部屋を好む人は他人と暮らせないという説もあるし、自分の好きなものを絞りきれないまま、適度にとっちらかった状態をよしとするというのが、半世紀近くに及ぶわが読書遍歴から導き出した答えだ。どんな本をどんなきっかけでどんなふうに好きになるのか今でもまだわからない。

精読の道はまだまだ遠い。

■荻原魚雷「半隠居遅報」は毎月1回更新予定です。


この記事の画像(全3枚)



  • 荻原魚雷『中年の本棚』(紀伊國屋書店)

    気力・体力・好奇心の衰え、老いの徴候、板ばさみの人間関係、残り時間…人は誰でも初めて中年になる。この先、いったい何ができるのか―中年を生き延びるために。“中年の大先輩”と“新中年”に教えを乞う読書エッセイ。

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

荻原魚雷

(おぎはら・ぎょらい)1969年三重県鈴鹿市生まれ。1989年からライターとして書評やコラムを執筆。著書に『本と怠け者』(ちくま文庫)、『閑な読書人』(晶文社)、『古書古書話』(本の雑誌社)、編著に『吉行淳之介 ベスト・エッセイ』(ちくま文庫)、梅崎春生『怠惰の美徳』(中公文庫)などがある。毎日新聞..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太