「原因は自分にある。」配信ライブで吐露した思い「2020年は僕たちも悔しくて…2021年は勝負の年だと思っています」

2021.2.1

文=坂井彩花 編集=森田真規


2019年10月にデビューした7人組のボーイズグループ「原因は自分にある。」。2021年1月13日にリリースした1stアルバム『多世界解釈』はオリコンデイリーチャートで1位を獲得し、今後のさらなる活躍が期待されている平均年齢16.8歳のEBiDAN最年少グループだ。

そんな彼らが1月23日に配信ライブ『仮想げんじぶ空間:case.3-多世界解釈-』を開催。オンラインならではの演出も冴え、コロナ禍で思うような活動ができなかったもどかしさと、2021年にかける思いを十二分に感じることができた。そのライブレポートをお届けします。


「2021年は、あなたの原因になれるように」

「2021年は、もっともっと多くの人、そしてあなたの原因になれるようにがんばります」
長野凌大がそう語ったのは『仮想げんじぶ空間:case.3-多世界解釈-』のラストだった。

本来であれば、全力で駆け抜けていったであろうデビュー1年目。その半分以上もの時間を「原因は自分にある。」はコロナ禍で過ごした。改名1周年記念ライブはオンラインで実施され、(リリースイベントやフリーライブならあるが)未だに有料の生ライブもできていない……。長野の言葉には、そういった状況からくるもどかしさや、2021年への決意が込められていたように思う。

彼らは直接ファンと会えない時間で、コツコツ実力をつけてきた。
──今の僕らなら、もっと多くの人を魅了できる。もっとあなたの原因になれる。
『仮想げんじぶ空間:case.3-多世界解釈-』のパフォーマンスは、そう物語っているようだった。

ライブは、すでにお決まりとなったSEを背にスタート。胸を高鳴らせるアダルトなサウンドと共にポーズを決めていく7人は、平均年齢16.8歳という若さを忘れさせるほど大人っぽい。カメラを顎クイのようにあしらったり、抱きしめるようにコートで覆ったり。開始前から、ときめきの止まらない所作で魅了していく。

胸の高鳴りが最高潮になったのを見透かしたように、アルバムのリードトラックである「柘榴」を投下。会場の四方八方に設置されたスクリーンが、カメラワークによって現実と非現実、二次元と三次元など縦横無尽に多世界へ誘っていく。

オープリングを飾った「柘榴」

間髪入れずに「嗜好に関する世論調査」へなだれ込んだかと思えば、イントロのメロが連れてきたのは“Live or die”。いきなりサビにショートカットし、“2択 2択 2択”で二次元と三次元のメンバーを映し出す。薬指と小指のクールな視線は艶っぽく、それぞれの目の奥に自信がにじんでいた。

大倉空人
小泉光咲
桜木雅哉
長野凌大
武藤 潤
杢代和人
吉澤要人

息つく間もなく導かれたのは、デビューソングである「原因は自分にある。」だ。ここではあえてサビに行かず、ライブオリジナルのダンスパートを投入する。桜木雅哉が長い手足を活かして優美に舞ったかと思えば、小泉光咲と吉澤要人は力強いダンスを披露。各々が持っている無邪気や儚い、閑麗といったイメージの逆をいく魅せ方で惹き込んだ。

デビュー曲「原因は自分にある。」では華麗なダンスパフォーマンスを見せた

つづく武藤潤と杢代和人は息の合ったパフォーマンスを展開し、日ごろの仲のよさを窺わせた。“自分より仲間”という意識の強い大倉空人がソロで踊ったのには驚かされたが、その佇まいはとても堂々として、心許なさを微塵も感じさせなかった。そして、長野がダンスセクションのトリを飾る。リズムを確実に捉え、一つひとつの表情や動きで虜にしてしまう姿は、ダンスリーダーとしての威厳を誇示していた。

4曲目に披露した「シェイクスピアに学ぶ恋愛定理」

「シェイクスピアに学ぶ恋愛定理」に入ると、先ほどまでのクールな空気を一瞬にして払拭。爽やかなキラキラスマイルは、まさしく理想の王子様のよう。フォンテーヌ版のMVを彷彿させるフォーメーションで、オーディエンスの心をくすぐった。

シェイクスピアに学ぶ恋愛定理 - 原因は自分にある。【フォンテーヌ版】

“悔しかった1年”の大きな成長を感じさせたパフォーマンス


この記事の画像(全19枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太