「俺は『SLAM DUNK』なら角田」な脇役ミュージシャン、マンガを通してロックを綴る(忘れらんねえよ柴田)

2021.1.31


普通>なやつでも輝ける可能性があんのが、<ロックンロール>

ていうかバンドでもおんなじことを考えている。

ヒロトとかマーシーとか、銀杏の峯田とか、エレカシの宮本さんとか、ブランキーの浅井さんとか、みんな超ド級の天才じゃん。もろマンガの主人公じゃん。細かいこと一切気にしません、誰の目も気にしません、俺は俺のやりたいことだけをやる、そんでその姿がうなり上がるほどかっけえ、みたいな。で、俺はどう考えてもそのタイプではなくて、めっちゃ普通で、ああ……みたいな。

でもね、そういう普通なやつでも輝ける可能性があんのが、ロックンロールなんだよなあ。

普通のやつなら普通のやつなりに、天才にはわからない、普通のやつにしかわかんないことを歌えたりするわけ。「君の彼氏は男らしく堂々としてて、ちょっとやそっとのことでは動じないらしいけど、読んだマンガの数では俺のほうが圧倒的に上だからね? わかってるそこんとこ? あとおっぱい揉まして?」的な。セコセコしてる感じ。

で、そういうセコセコした歌詞をメロディに乗せて爆音で演奏すれば、なんかそれはそれでいいね、っていう感じになるんだよなあ。そんでそのセコセコ系ジャンルでトップ取れば、なんか天才と並べちゃうかも?って雰囲気が、ロックンロールにはあるのよ。

【10/5発売】忘れらんねえよ『俺よ届け』(映画「何者」劇中曲)

俺の勘違い? いや、俺は間違ってない。や、でもどうだろ? なんか自信なくなってきた。まあいいじゃん、そういうことにしとこうよ。バンドやってるときぐらいロマンチックでいさせてよ。

とまあそういう理由で、僕はマンガとロックンロールが大好きです。

そういやこの前、とあるバンドマンと飲んだとき、あんま飲めないそいつが酔っ払って店員さんにすげえかっこいいこと言ってて。

「この店にある一番弱い酒、持ってこい!」。

そういうことなんだよなあ。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

柴田隆浩(忘れらんねえよ)

(しばた・たかひろ)(わすれらんねえよ)2008年結成。元気いっぱいの中年がやっているロックバンド。2018年5月にベースの梅津が卒業し、柴田のソロ・プロジェクトとして新たなスタートを切る。2019年12月にデビュー10周年を記念したフルアルバム『週刊青春』リリース。2020年12月には自身初のホー..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太