「悪い顔選手権」で再確認したチョコレートプラネットの演技力のすごさ

2020.12.16


ほんの少しの違和感を完璧に表現できるふたりの演技力

この圧倒的なリアリティは彼らのネタを観ていても強く感じる部分でもある。

たとえばコント『クレーム』は、役所にクレームを入れる男とそれに対応する国民生活センターの職員、というシチュエーションなのだが、わかりすいボケやツッコミはほぼなく「こういう人間いる」というふたりの演技だけで笑わせてくる。

松尾が演じる職員の「こんな頭のおかしい人間の対応は日常茶飯事です」といわんばかりの絶妙な表情と、「相手を逆撫でせず寄り添いながらもけっして深入りしないドライさを併せ持った対応」、そしてあの心のこもってない相づちに身震いする。そしてクレーマーを演じる長田の、市役所に行くと必ずひとりはいる「基本話が通じず態度も悪くキレやすいが心はピュアなヤンキー上がりのオッサン」感は「市役所で1日ウォッチングしてたんですか?」と言いたくなるほどのリアリティがある。

IKKOのものまね、TT兄弟、Mr.パーカーJr.など、わかりやすく親しみやすいおもしろさもチョコレートプラネットの魅力のひとつだが、それは冒頭の「悪い顔選手権」や日常系コントなど、ほんの少しの違和感を完璧に表現できるふたりの演技力があってこそだと改めて感じた。チョコレートプラネットのすごさは惑星の大きさのように計り知れない。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

かんそう

1989年生まれ。ブログ「kansou」でお笑い、音楽、ドラマなど様々な「感想」を書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太