おぎやはぎのいない『メガネびいき』に出た話(森本晋太郎)

2020.9.3

少しでも恩返しができただろうか

TBSのラジオフロアに到着するとJUNKリスナーにはおなじみの宮嵜さんや越崎さんがいらした。あまりに緊張している僕を見ておふたりとも励ましてくれたり、ボケてくれたりと、本来業務内容にない森本のメンタルケアをしてくれた。

そうこうしているうちにchelmico、そして急遽駆けつけてくださったアルコ&ピースさんがTBS入りし、否が応でもそのときが近づいてくるのを感じた。不安でずっと台本を手に持ってウロウロする僕を見た酒井さんが「台本なんていらねっしょ。自分の思うようにやりゃいいから」と言ってきて、この人の言うことは聞かないようにしようと心に誓った。

本番5分前になり、続々と出演者がブースに集まった。残酷なまでに着実に1へと向かっていく短針。いま右手を上げて「2時間後!」って言ったらコントみたいに時間飛ばないかなとか思うくらいには追い詰められていた。

そうして迎えた午前1時。大学時代に毎週聴いていたあのオープニングが流れ、chelmicoのふたりによる偽おぎやはぎから放送がスタートした。そこから先はみなさんがお聴きいただいたとおり。結局、緊張は和らぐことがなかったけどそれをはるかに上回る楽しさがあって、あっという間の2時間だった。微力も微力だったけど、これで少しでも『メガネびいき』へ恩返しができていたら幸いだ。さらに欲を言うと、願わくばこの回がリソナーの

おメガネにかなってますように。


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全4枚)



トンツカタン 森本晋太郎

ARTICLE LIST

森本晋太郎さんの関連記事一覧

森本晋太郎さんの
新着・人気記事をお知らせします。