松岡昌宏『家政夫のミタゾノ 特別編』が暴いたリモートな不倫。コロナ禍で浮気は増加しているらしい

2020.6.12


コロナ禍で不倫は増えている

トリッキーな構成のドラマに見入っていたのだが、途中でドラマの中に登場するさまざまなリモート画面は、どれも自粛生活の中で普段見ているものばかりだと気づいた。会社の人たちとリモートで会議をして、離れた家族とリモートで会話をし、メッセージアプリでやりとりをする。あとからこの特別編を見れば、「ああ、このときは確かにこういう生活をしていたな」と思い出す人も多いんじゃないだろうか。ドラマが一種の生活の記録になっている。

リモートワークがつづくことによる家庭の閉塞感も表している。明彦と真理子は夫婦仲が冷え切っているにもかかわらず、外出できずに24時間ずっと顔を突き合わせているわけだから、そりゃ息も詰まるだろう。明彦は不倫にうつつを抜かすダメ男だが、彼がバーチャル背景を使って妻を騙して浮気相手の部屋に転がりこむことに成功したときの雄叫びは、閉塞した家庭から脱出できた喜びのほうが大きかったはず。

現在、アンジャッシュ渡部の不倫騒動が話題になっているが、実はコロナ禍中での不倫について興味深いデータがある。総合探偵社MRが不倫をつづけている男女128人に対してアンケートを行ったところ、コロナ以前に比べて浮気相手と会う頻度が増えたと答えた人は全体の18.0%に及ぶという。また、この時期に浮気を始めたという男女は13.3%もいた(『女性自身』6月8日)。明彦がいそいそとコロナ不倫にいそしむのはリアリティのある話だったのだ。

もともと『ミタゾノ』というドラマは、さまざまな時事ネタを突っ込みながら人々の秘めた欲望や本音をあけすけに語る(ミタゾノが暴いてしまう)作品なわけで、それをリモートドラマでも貫けば、自然と視聴者のリアルのキワキワに触れることになる。コロナだからといって取ってつけたような前向きなメッセージを打ち出すわけでもなく、思わず無言になってしまうエンディングを用意しているのも、いかにも『ミタゾノ』らしい「神回」だった。

『家政夫のミタゾノ 特別編』イラスト/たけだあや
『家政夫のミタゾノ 特別編』イラスト/たけだあや

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全10枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太