「ヨッツ・チンバット」(株)マハロのくだらな過ぎる遊び(てれびのスキマ)

qjweb_tvsukima0422

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


昨日観た番組:テレビでの最適解を叩き出しつづける最強のお笑いタレント、アンガールズ田中

『ロンドンハーツ』は、フジモンの「(株)マハロ」、「品川軍団」、「久保田軍団」の「軍団対抗先輩クイズ」。知り合いのマスターに彼女を取られた、巨乳のDJに振られた、熱海旅行をドタキャンされたという「寅さんくらい失恋する」とろサーモン久保田のエピソードが可笑しい。あと「マハロ」の「逆」にする遊びもくだらな過ぎて最高。ミッツ・マングローブを逆にすると「ヨッツ・チンバット」。

Abema版『しくじり先生』「世間の好感度を考える」にも、とろサーモン久保田が。鬼越トマホーク、納言とほかの出演者はコンビでの出演だが、久保田は同期の中山功太と「くぼたこうた」として登場。鬼越・金ちゃんが春日と飲んだとき、「若林あっての俺だから」と言っていたというエピソードを聞いて若林が「何も返せないですね……」と照れ戸惑う。久保田も中山功太に褒められ、照れまくる。それを指摘されると久保田「それだけ国民に裁かれてたってこと」。

『テレビ千鳥』番組冒頭、ノブの「本日もお笑いができて幸せです」というひと言が重く響く。この日は「コメンテーター表情選手権」。ワイドショーなどのコメンテーターに挑戦したい「ゴリゴリのお笑い師」大悟、ダイアン・ユースケ、笑い飯・西田、狩野英孝に『バイキング』で6年間培ったアンガールズ田中が講師役となって教えるというもの。
田中曰く、芸人が実際にコメントしなきゃいけない場面は少なく、表情こそが大事だと。田中はお笑いのネタの批評やバラエティ番組での振る舞い方でも解説芸が冴え渡っているけど、ここでも「怒んなきゃいけないと思い過ぎてる。呆れの顔も入れるといい」「怒っていいのはバイトテロとか。政治は少し落ち着いてさばきたい」「同業者の仲間にも嫌われない、お茶の間にも嫌われない絶妙な顔をしないといけない」などと見事な解説。悪いニュースから良いニュースに移り変わる際の表情を実践してみても、完璧にグラデーションで表情を変化させる。本当に今、田中はお笑いタレントとして万能で最強。テレビでの最適解を叩き出しつづけている。

『有田ジェネレーション』納言・安部とムラムラタムラを深掘り。童貞で妄想家で、最初の相手は「処女で痴女がいい」という安部も掘っていくとおもしろそうだったけど、この日もムラムラタムラが席巻。自らを紹介するパネルを引きちぎり、スカウトしに来たホリプロコムのマネージャーにも容赦なく攻撃。マネージャーが持参したタレント登録書も股間で破り捨てる。既に3、4回目のムラムラタムラだが、まったく衝撃が色褪せない。なぜか彼の暴走を“常識側”から食い止めようとする桐野安生には「あんたのその立ち位置意味わからないんだよ!」。めちゃくちゃにしているだけでなく、一つひとつのワードも的確。

先週の『チマタの噺』。VTRに元スパイダースの2代目ドラマー(現在は魚屋)が登場。いまでも堺正章や田邊昭知と交流があるそう。鶴瓶によると現在、俳優や芸人は日本に8万人くらいいて、そのうちテレビで活躍しているのが500人程度だという。

今日観たい番組:「緊急事態宣言」で激変した人特集の『家、ついて行ってイイですか?』など

『有吉の壁』(日テレ)。ちゃんと毎週やってくれているのがうれしい。「スターの自宅公開選手権」、爆笑キャラ続出のおなじみ「ブレイク芸人選手権」の延長戦など。未公開を含めた過去の放送部分には副音声解説も。

『家、ついて行ってイイですか?』(テレ東)は、「緊急事態宣言」で激変した人特集。

『今夜くらべてみました』(日テレ)は菅田将暉がJ-POP愛を熱弁。

【毎日更新】きのうのテレビ(てれびのスキマ)
4月21日 『日向坂で会いましょう』で明かされた“ものまね芸人の生態”
4月20日 「大宮吉本」が売れれば売れるほど吉本の売り上げは下がる
4月19日 霜降り・ニューヨーク・EXITの“第7世代論争”「粗品は令和に現れた悪魔だ!」
4月18日 タモリ「今のテレビ、全部説明するからつまらない」


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太