BLソムリエが「BLアワード2020」受賞作品から選ぶとっておきの3冊

2020.4.12
BLソムリエアイキャッチ

商業BLレビューサイト「ちるちる」が認定した“BLソムリエ”が、『QJWeb』読者たちのために、ご相談内容に合わせてとっておきのBL作品をお選びする連載「BLソムリエが選ぶとっておきの1本」。今回は、4月3日に発表されたばかりの「BLアワード2020」受賞作品から、読者の方々のご相談にぴったりの作品をお選びしました。

※「そもそもBLソムリエとは?」という方はこちらの記事をご覧ください!

まるで丁寧に作られた映画のような青春BL

<ご相談 1>
むずキュンが味わえるDKBLのおすすめを教えてください。幼なじみや親友など友好的な関係から恋に発展する幸せな作品が読みたいです(付き合ってからの甘いふたりも1冊に収録されていたらより嬉しいです)。(銀様・女性)

古矢渚『君は夏のなか』
引用:ちるちる

BLソムリエとっておきの選書コメント>

“DKBL”と書いて男子高校生BLと自然に読んでしまったあなたは、それなりにBLファン歴を重ねているのではないでしょうか。

古矢渚先生の『君は夏のなか』は、真っ青な夏空の表紙から圧倒的爽やかさとドラマティックさを感じさせる作品。その印象どおり、まるで丁寧に作られた映画のような青春BLです。イケメンでモテる千春と、真っ直ぐな少年・渉。映画が好きなふたりの出会い、別れ、そして再会。ふたりが出会ってからわずか2カ月間の話……と思いきや――!? という展開もほどよいスパイスになっています。

「俺にとって渉はいつも夏のなかにいました」こちらのセリフのシーンでは、あまりの甘酸っぱさにむせび泣いてしまいます。 その後のふたりを描いた続編『君と夏のなか』も、2019年に発売。タイトルはたった1文字違うだけなのに、ふたりの未来を感じられる傑作タイトルと言えるのではないでしょうか。『君は夏のなか』がツボに入った方は、こちらも読んでみてくださいね。ちなみに、古矢渚先生は他の作品の表紙も非常に美しいですよ。

テレビ番組制作現場が舞台のお仕事BL

<ご相談 2>
残業した後に疲れが取れるようなお仕事BLはありますか? できるだけお仕事の様子もしっかり描写されているお話だと共感(?)できて楽しく読めそうです。(残業社畜ゴリラちゃん様・女性)

トウテムポール『東京心中』
引用:ちるちる

BLソムリエとっておきの選書コメント
いつも残業本当にお疲れ様です! 働く人たちの職業ものはBLにはたくさんありますが、中でもおすすめしたいのが、トウテムポール先生の『東京心中』シリーズです。

テレビ番組の制作会社に勤める美人先輩AD矢野とヘタレわんこ系後輩AD宮坂の日常を描くラブコメなのですが、がっつりお仕事描写があってテレビ業界の裏側を知ることができるんです。新人時代の下積みから慣れてきたころの困った後輩、職人気質の先輩などなどお仕事あるある描写も共感の嵐! その一方で、ほのぼのな絵柄で繰り広げられる先輩大好きな宮坂と塩対応の矢野のコミカルなテンションは残業で疲れた後でも胃もたれせず楽しく笑えるはず。

厳しくつらい「ギョーカイ」の仕事。「いったいなんで自分はこの仕事をやっているんだろう……」と思いながらも、彼らが仕事に打ち込む理由とは。ふたりが同じ方向を目指して仕事に打ち込むのに心がジーンとする瞬間もあり、明日からまたお仕事がんばろう!と思える作品です。

「ムズムズ」「もだもだ」「きゅんきゅん」の擬音語に惹かれてしまうあなたへ

<ご相談 >
読み終わった後、 胸がうっ、苦しい(萌えで)はあ〜〜もう1回読み直そう!となる本を教えてください!(はなそ様・女性)

宮田トヲル『彼のいる生活』
引用:ちるちる

BLソムリエとっておきの選書コメント>

「ムズムズ」「もだもだ」「きゅんきゅん」の擬音語に惹かれてしまうあなたへ。コミックスの重版に重版を重ねるヒット作、宮田トヲル先生の『彼のいる生活』をおすすめします。

登場人物は、幼なじみの涼太と一仁。高校はバラバラだったけれど、大学入学をきっかけに一緒に住むことになり、数年ぶりに距離が縮まるふたり。一仁は野球少年で、誠実さや快活な性格から男女ともにモテる男子。しかし、魅力的な好物件なのになぜか彼女ができません(フラグ)。その理由が気になる涼太ですが、ある日一仁から「俺が振られる時の決まり文句、“他に誰か好きな人いるでしょ”なんだわ」という言葉が……! まずは2話まで必読です。

何年も募らせている、一仁の片思い。「好きな人の側に居られればそれで幸せ」と言わんばかりのニマニマ顔とハッピーオーラが一仁から漏れ出ており、読者も多幸感に包まれます。なんと、本作には悪い人が誰も出てきません……。社会情勢が不安な今だからこそ、ときめきとハッピーの補充にぴったりなBL作品です。

今回は、3名の方々にとっておきのBL作品をお選びいたしました。

なお、みなさまから大変ご好評いただきました「BLソムリエが選ぶとっておきの1本」は、今回でいったん終了とさせていただきます。次回からは新企画を開始いたします! ぜひお楽しみに。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太