オードリー若林が憧れたチュートリアルの変態妄想漫才「本当の変態って普通の身なり」(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『あちこちオードリー』

ゲストはチュートリアル1組。オードリーとは共演もあまりなく、しゃべったことがほぼないという。日テレのメイク室でたまに一緒になるが「ふたりとも激暗。特に春日」と徳井。そんなによく知らないけれど、リスペクトし合っている2組のトークがとてもスイングしていてよかった。

『しゃべくり007』のオファーがあったとき、くりぃむとネプチューンは昔から一緒にやっていた2組だから、その中に関西の自分たちが入ってもじゃまになるんじゃないかと思い「やめといたほうがいいんじゃないですか?」と一度難色を示したとか、東京のテレビ中心で活動したくりぃむ、ネプチューンと関西の劇場中心で育った自分たちで「戦い方の流派が違う」(徳井)と表現していたり、「今日はよかったという日がなかった」と4人が意気投合する『笑っていいとも!』を、徳井が「『いいとも』にいて大丈夫な人を演じる」「『いいとも』になじんでますっていう感じを必死にやる場所」と形容していたのも印象深かったが、2組で漫才を語った部分がおもしろかった。

ZAZYやカズレーザーのように変人然とした見た目の変人に対し、「ここまでイケメンでここまで変態だと思える人ってスゴい」と徳井を評す若林に、徳井自身は「本当の変態って普通の身なりやからね」とひと言。その流れから「『M-1』で一番おもしろい漫才だって、自分たちで思いません?」と問う若林。徳井の人間性一本で、キャラに頼らない妄想漫才がスゴく「俺はそれだけでできるようになるのが、今もできてないし憧れ」と若林は言う。その作り方について福田が「最初の台本はちゃんとしてるんやけど、劇場でかけていくうちにアドリブで増やしていって広げていって、そこのおいしいところがだんだんメインになっていく」と解説すると「理想ですよ、それ!」と若林。

オードリーはまだズレ漫才ができていなかったころ、ネタ作りしていたファミレスでずっと「チュートさんのバーベキューの順番ネタみたいな」と春日の「本当の本当の根の部分にただただツッコんでいくだけ」の漫才を志向していたそう。だが「春日ってものすごいトップダウンの言いなりの男」「日本教育の最高傑作」だから「『どうしても俺はこう思うんだ』がない」。「真性の変態じゃないから」加工し「作られた変態」にしていったという。だから漫才でも「我は出さない」でアドリブもない。「ハラハラしたい」とアドリブを望む若林に、春日「できたら素敵ですけどね(笑)」。

『アンタウォッチマン!』

「春日チルドレン」特集と題し、かつて春日が「大統領」としてMCをしていた『学生HEROS!』出身の芸人たちを特集。

「エース」的存在だという真空ジェシカに加え、さすらいラビー、ストレッチーズの3組が登場。宇野が「(1年先輩の真空ジェシカは)一番憧れの存在。全員ああなりたいと思って『学生HEROS!』に出るようになったし、真空ジェシカの背中を追った学生芸人がめちゃくちゃいる」と言うように、在学中に番組出演がきっかけとなり人力舎にスカウトされた真空ジェシカ(と、番組では紹介されなかったがスパナペンチ)がいかに大学お笑いの歴史の中で重要な存在だったかがよくわかった。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太