森田美勇人「ぼくのなつやすみ」【QJWebカメラ部】

森田美勇人【QJWebカメラ部】

文・撮影=森⽥美勇⼈


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストやお笑い芸人による連載「QJWebカメラ部」。

土曜日はアーティスト、モデルとして活動する森田美勇人が担当。2021年11月に自身の思想をカタチにするプロジェクト「FLATLAND」をスタート、さらに2022年3月には自らのフィルムカメラで撮り下ろした写真をヨウジヤマモト社のフィルターを通してグラフィックアートで表現したコレクション「Ground Y x Myuto Morita Collection」を発表するなどアートにも造詣が深い彼が日常の中で、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


自然の中での発見

森田美勇人【QJWebカメラ部】
写真=森田美勇人

第17回。

2022年の夏も、もうすぐ終わろうとしてますね。今年も暑かったなぁ。

真夏の蝉の合唱からだんだんと鈴虫の声が混ざってきて、初めて夜風の涼しさを感じました。

今年は川に入って泳ぎました。澄んだ水の流れが熱くくたびれた身体を洗い流して、浄化してくれました。

この歳になって、子供のように裸足になり川遊びをしてみると、いかに自分の身体がコンクリートの上で慣れてしまっていたかに気づきました。

森田美勇人【QJWebカメラ部】
写真=森田美勇人

足の裏が痛すぎる。笑

本当にびっくりするので皆さんもぜひトライしてみてください。いかに自分が日々、平べったく舗装された道の上を歩んできたのかがよくわかります。

そんな果てしなくつづく“自然の足ツボマット”に絶望しながらも違和感ある遊びをつづけていると自然の懐かしい力をやっと思い出しました。

いかに自分が普段、目まぐるしく変わる人工的な物やことに囲まれて生きているのか。そして自然を前にした無力な自分がいかに小さいのか。

人工と自然のバランス。

人間はこのバランスを取ることで今を生きていられる気がしました。

自然の逆らえない力と対面するのは怖いけど、人間の自然界においてのちっぽけさを感じることはひどく大切だと感じました。

共存こそが人間のテーマな気がしました。

そんな2022年、僕の夏休み自由研究でした。

【連載】QJWebカメラ部
【連載】QJWebカメラ部

加賀翔(かが屋)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、長野凌大(原因は自分にある。)、林田洋平(ザ・マミィ)、森田美勇人が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。


この記事の画像(全20枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

森田美勇人

Written by

森⽥美勇⼈

(もりた・みゅうと)1995年10⽉31⽇⽣まれ、アーティスト/モデルとして活動。2021年メジャーデビューした「7ORDER」ではベースを担当。音楽活動に加え、ファッションやアートに対する造詣が深い⼀⾯を持ち合わせている。多数のブランドでビジュアルモデルを務め「Ground Y」ではGround ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太