ダウンタウンの伝説の漫才を見た爆笑問題・太田の反応(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ゴッドタン』

東京03飯塚、モグライダー芝、鬼越トマホークを迎えて「お笑いを存分に語れるBAR」。最近ブレイクを果たしたヒコロヒーについて「手の届かないところに行った」と坂井。一方、事務所の悪口ばかりを言っているみなみかわについて「ヒコロヒーと仲がいいってだけでギリギリ松竹にいられる」と言うと、それがどこまで行けるか「今一番ワクワクできる存在はみなみかわさん」と芝。

芝は、ランジャタイと真空ジェシカについて「女の子人気がものすごい」と語り、ガクと国崎と食事に行こうとすると「あいつらのファンで身動き取れなくなる」と言うが、「あいつら」ではなく「僕ら」ではないかと思う。芝はその2組を「私たちが支えたい」と思われるタイプだとこちらは的確に評す。

いわゆる「クズ芸人」で一番キテるのは山添だと鬼越。能力も高くMCもできるため「クズ界の麒麟・川島」だと。「究極のドライ人間」で、まったく好きじゃないのに格闘技番組でも完璧なコメントで仕事をこなしていたそう。一方「取り残されている」のが岡野陽一だと坂井は言う。「才能はあるのに照れ屋」と芝。だからがんばっている姿を見られたくなくてライブもやろうとしないし、下ネタも言わないのだと。

途中「今日、鬼越がいるせいでいつものお笑いを語れるBARと違うんだよ!」と飯塚が嘆くように暴露系の話が多めだったが、そんな中で特に興味深かったのが「伝説の一日」についての話。ダウンタウンの漫才について金ちゃんは爆笑問題の太田に感想を求めたそう。自腹で配信を買ったという太田が「立ち話みたいな感じで漫才やるっていうのが俺らにはできないスタイルだからめちゃくちゃおもしろかった。あれがホントの漫才のスタイルだな」と称賛していたという。痺れる話。

『メガホン二郎』

「ゾンビアクターNo.1決定戦」として、みなみかわゾンビとみちおゾンビが対決。「松竹は終わった~」と登場した「松竹ゾンビ」ことみなみかわが「俺が松竹を立て直す」と叫ぶと、平子「みなみかわさん、松竹を立て直すのはヒコロヒーです」。

『ゴッドタン』の直後の放送でなんだかつながっている感じでおもしろかった。やっぱり『ゴッドタン』からこの番組への流れが最高。


『かまいガチ』

今回は「ウルトラソウルショッピング」をゲストにドッキリ的に仕かける。普段は指さしたものをそのまま購入するが、今回は「救済クイズ」に正解すれば番組側が支払うというもの。

そのクイズの内容は恋人から情報収集したものから出題。 アンガールズ田中は、仕事が終わると毎日のように1時間弱程度、彼女と電話をしているという。「電話をする際、必ずしていることとは?」という問題に対して田中は、おならが出そうになったらその音を聞かせる、切るときに「おやすみ」「え?」を繰り返して最後に「おやすみ!」とキレる、最初に電話に出るときにロバート山本風に「なんだ~?」と出るなどと、誤答によって自ら若者のような恋愛模様を暴露していくのがおもしろかった。正解は、毎回「今、何してると思う?」とミニクイズをする、とこれまた微笑ましい。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太