BE:FIRST、初のファンミーティング。名古屋&札幌公演で見せたファンへの感謝【『BE:FIRST Gifted Days』レポート#10】



LEO「うれしい瞬間は1秒でも多く」

『BE:FIRST 1st Fan Meeting -Hello My “BESTY”-』2番目の舞台は札幌。クリスマスイブの12月24日、メンバーはZepp Sapporoに降り立った。会場に到着すると、観客目線でのステージの見え方を確認するために客席をのぞきに行ったLEO。

どの公演でも1回は客席からの見え方を確認しているとのことで、「BESTYの気持ちになることが大事ですよね」と話した。最後方の客席へも足を伸ばし、「ここに座る人の気持ちも体験しておいたほうがいいと思うんですよね」と真剣な眼差しでステージを見つめていた。

さらに、「実際の距離を客観的に感じると、MC中も全員と目を合わせよう、コミュニケーションを取りたいって思います。せっかく来てくださるので、モニターじゃなくてステージを見てほしいじゃないですか。うれしい瞬間が1秒でも多くあったほうがいいので」と穏やかな声で話した。

RYUHEIの不調を救ったSKY-HIのアドバイス

会場入りした直後、撮影スタッフに喉の調子が優れないことを明かしたRYUHEI。「素晴らしくないですか。コンディションばっちりです」なんておどけていたが、話をするだけでもつらそうな様子。

現場に駆けつけていたSKY-HIも「喉の調子悪そうだね。大丈夫?」と心配そうに声をかけた。RYUHEIが「いい薬、ありますか?」と相談すると、過去の経験をもとに「響声破笛丸かな」と提案するSKY-HI。その味に苦手意識のあるRYUHEIは眉をひそめるが、「お湯に溶かした響声破笛丸をRYUHEIに飲ませてください」とSKY-HIはスタッフに声をかけた。明太チーズマヨおにぎりを見て気を紛らわしながら、RYUHEIは響声破笛丸と戦ったのであった。

本番終了後、「よくがんばったね」とRYUHEIを激励したSKY-HI。SOTAに対しては、「コメントがMVPだったね。去り際に『明日から一緒にがんばろう』と言っていたのが本当によかった」と声をかけていた。


BE:FIRSTに明かされた『THE FIRST FINAL』セットリスト

BMSGの事務所にて「たとえばこんなのはどうだろう、というのを作ってみました」と話し、BE:FIRSTに『THE FIRST FINAL』のセットリスト案を披露したSKY-HI。さらに、「今回の目標は、アリーナをホームとしてリラックスしてパフォーマンスできること」とつづけた。

それを見たLEOは「俺らでさえ激アツだったら、ファンの人にとってもアツいじゃん」と興奮気味に感想を述べ、ほかのメンバーたちも迫りつつある“卒業式”に向けて期待をふくらませていた。

2月28日まで期間限定公開|BE:FIRST / Brave Generation -Live from THE FIRST FINAL-

次回は『-Hello My “BESTY”-』福岡&大阪の裏側大公開

【『BE:FIRST Gifted Days』Huluで独占配信中】
デビューからのBE:FIRSTを追ったドキュメンタリー『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』は、2021年11月26日(金)からHuluで独占配信中
番組URL:https://www.hulu.jp/the-first-bmsg-audition-2021/

『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』
『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』Huluで独占配信中 (c)NTV

【『THE FIRST FINAL』見逃し配信をHuluストアにて販売中】
番組URL:https://www.hulu.jp/store/the-first-final
※販売期間は2022年2月28日21時まで

『THE FIRST FINAL』220228
(c)BMSG

【連載】『BE:FIRST Gifted Days』レポート


この記事の画像(全72枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。