ザ・マミィ林田洋平、ちょうど一番恥ずかしい時期にこの写真を紹介する理由【QJWebカメラ部】

ザ・マミィ林田洋平【QJWebカメラ部】

文・撮影=林田洋平 


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストやお笑い芸人による連載「QJWebカメラ部」。

金曜日はザ・マミィ林田洋平が担当する。『キングオブコント2021』では、準優勝に輝いたザ・マミィの頭脳、林田。そんな彼は、自身のインスタグラムで発信するエモーショナルな写真も話題となっている。林田が、日常の中で、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


光ってしまった

ザ・マミィ林田洋平【QJWebカメラ部】
撮影=林田洋平(ザ・マミィ)

「写ルンです」でアクリル板越しの酒井(貴士)を撮ったら頭が光ってしまった。コロナ禍の弊害がこんなところに出るのかと驚いた。

本来であれば光らなくてすんだハズの酒井の頭だ。光ってしまって悲しいけどなんかちょっとおもしろいからいい。

『キングオブコント』の赤いTシャツを着て、ラジオをやるという超はしゃぎ写真を、いまさら世に出すというちょい恥ず行動。

ずいぶん久しぶりに「写ルンです」の現像に行ったのだ。どうやらこの「写ルンです」というのが、ちょうど昨年の『キングオブコント』時期に活躍したものだったらしく、写真の大半がこの赤Tを着てはしゃいでいるものばかりだった。

近頃のSNSというのは、写真ひとつを載せるのにも鮮度や理由がいる気がして息苦しい。鮮度がない場合はちょっと時間を置いて「あのころ」という理由が必要になる。面倒くさい。

今あえて、『キングオブコント』から4カ月というちょうど一番恥ずかしい時期に、この写真をこちらで紹介させていただくというのは、世間の「写真は撮ってすぐ出してなんぼ」な風潮に対する私からのアンチテーゼである。

届け響け変われ。

いやすいません。本当は生きている間に一度「アンチテーゼ」って言ってみたかっただけです。理由は適当に考えました。

【連載】QJWebカメラ部
【連載】QJWebカメラ部は月曜から金曜日まで毎日更新中です。

加賀翔(かが屋)、前田こころ平井美葉(BEYOOOOONDS)、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、長野凌大(原因は自分にある。)、林田洋平(ザ・マミィ)が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。


この記事の画像(全16枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

林田洋平(ザ・マミィ)

(はやしだ・ようへい)1992年生まれ。プロダクション人力舎所属のお笑い芸人。酒井貴士とのコンビ「ザ・マミィ」のメンバー。『キングオブコント2021』ファイナリスト。 【QJWebカメラ部】毎週金曜日に連載中

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太