松本人志、『THE W』優勝するも「叩かれ過ぎてる」オダウエダに救いの言葉をかける(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ワイドナショー』

『THE W』優勝のオダウエダが登場。

まず約3分30秒にわたってコント『説教』を披露。「むちゃくちゃやな、オダウエダ」と松本も言うように『THE W』の2本に匹敵する爆笑をかっさらう。

「やっぱりお笑いの賞レースって、満場一致で優勝しないとどうしてもいろいろ言われちゃったりするからね。あんまり気にせんでいいと思うよ」と気遣うコメントをしつつ、「俺が見た中では7位くらい」とボケる松本。

「ヤフコメで叩かれ過ぎておかしくなってて、今」と言う植田に、「でも、『R-1』のザコシなんてもっとボロクソに言われてたし、でも今ザコシのことおもんないっていう人ほぼいないし、マヂカルラブリーも1年で取り返したし」と松本。 植田「でもそうなると、1年で取り返さなあかんのやっていう新たなプレッシャーが……(笑)」。

「Aマッソは今回センスでしたよね。天才ピアニストはどっちかいうたら技術というか。彼女らは、そことは一切被らないところで狭いターゲットを絞ってやってたから、優勝したらそらこういう感じになるやろうなとは思うよ。そういうことを気にするタイプであってもほしくないというか」と改めて語る松本。

植田は「優勝したあとに次の日からロケやったんですけど、めちゃくちゃ雨降ってて、天候すら我々を応援してないやん、最悪やと思って、ツイッター見たら松本さんがツイートされてらっしゃって。このつぶやきからヤフコメが落ち着いて、空も晴れ出したんですよ(笑)」としっかりエピソードトークでも笑わせる。平場でもしっかり活躍できそう。

それは番組エンディングでの美しいやりとりでも感じた。「松本さんは命の恩人だと思ってますんで、ありがとうございます」と植田。「がんばってください」と言う松本に、小田「あと7位だけ訂正してくださーい」、松本「嫌じゃあ!」、植田「なんでぇ!」。

【関連】『THE W』Aマッソ、天才ピアニスト、オダウエダ激戦の採点結果を振り返る

明日観たい番組:『マツコの知らない世界』『ロンドンハーツ』ほか

『マツコの知らない世界』(TBS)「ティラミスの世界」「クリスマスグッズの世界」。

『華大さんと千鳥くん』(フジ)「クセがすごい観客大喜利」。

『LIFE!』(NHK)に小芝風花、赤楚衛二、和牛・川西、西田尚美、シソンヌじろう、ムロツヨシ。

『ロンドンハーツ』(テレ朝)「芸人アンケートリサイクル」。

『フリースタイルティーチャー』(テレ朝)ザ・マミィ酒井vsそいつどいつ市川刺身、ウエストランド井口vs霜降り明星せいや。

『ホリケンのみんなともだち』(テレ朝)「乃木坂46賀喜ちゃんに謝りたい!!~仲直りデート完結編〜」。

『ぼる塾のいいじゃないキッチン』(テレ朝)「歯磨き粉ビュッフェ」後半戦。

『紙とさまぁ~ず』(テレ東)に尾田栄一郎。

『HAPPYクリスマスおもちゃ屋MISIA』(日テレ)に明石家さんま、EXIT。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。