芸人への「かわいい」がネタに与える影響問題 コロチキ西野が空気階段にアドバイス(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】空気階段・水川かたまり『キングオブコント』優勝前夜に考えていたこと「害虫じゃなく、おしゃれな芸人になりたい」


『さんまのお笑い向上委員会』

この日で『ひょうきん族』が始まってからちょうど40年だという。向上ゲストは『キングオブコント』王者の空気階段。同じく『キングオブコント』王者のコロチキ西野から「『かわいい』に気をつけろ」と助言。

24歳で王者になったとき、まわりから「西野くんかわいい」と言われたという。これにさんまは大いに共感し「『かわいい』の声がネタを邪魔する」「『かわいい』はキツかったわあ」と若手時代を回想する。この「かわいい」問題は本当に芸人の多くが抱える矛盾で悩ましい。

が、西野は「かわいい」にその気になってしまったそうで、前髪を流し、ネタも子供を演じるコントが増えた。「それをファンが待ってると思ってしまった」と。

イワクラによると劇場でもずっとアヒル口をしていたという。西野が再現すると「きもーーい」とあいなぷぅ。さんまは「わからんではないわー」と言いながら空気階段のほうに目を向けると「(アヒル口を)してへんのかい!」とツッコむ。

「ムズ過ぎますよ!」とふたり。「するのが普通やないかい」と言うさんまに「普通なんですか、それ?」とかたまりは困惑。これに村上が「怒るのは違う。してないならしてないプランに進めばいいじゃないですか(笑)」と助け舟。村上はこの日、ガヤなどもずっと的確で頼もしかった。

そんな村上が「かわいい」に寄せていっていると野田。それを否定しつつ村上「僕は思ってないですけど『四捨五入したらマイメロディ』って(笑)」。

村上を「四捨五入したらマイメロディ」と表現するのは秀逸過ぎる!

『空気階段の空気観察』

「恋バナは好き」というふたりがLINEでフラれてしまった人の話を電話で聞くというもの。彼女が推しの結婚で泣いているのを責めてしまったことが破局の原因だという男性には「『推し』と『彼氏』は違うから! それを怒っちゃダメなの。もう取り返しのつかないことをした」ともぐら。「ずっと未練がある感じでしょ? そういう気持ちを救ってくれるのが『推し』だから」。

ヒモで「徹マン」をして、親からもらったお金をたまに彼女に渡したりしていたとクズエピソードが宝庫の男性には「最悪の俺みたい。俺の最悪バージョン」と苦笑するかたまり。

もぐらは「アナタはもう人を選べません。自分はけっして選ぶような人間ではないと肝に銘じて生きる(ように)」と助言。

番組開始当初は、もぐらにギスギスした空気を味わわせるような企画でちょっとふたりのキャラクターに合っていないなあと思っていたけど、前々回から前回のTheピーズ「グライダー」に乗せた「高円寺PV」制作の企画はとてもよくて、やっぱりこのふたりの自然体の空気がいいなあと思っていたら、今回の「フラレター相談室」もそんな空気でよかった。


明日観たい番組:『トゲアリトゲナシトゲトゲ』で「サーヤがトークを盛り上げる夜」など

『激レアさん』(テレ朝)「海水浴中に仲良しギャル4人組で16時間も漂流しちゃったけれど奇跡的に生還できた人」「トマトによって人生がめちゃくちゃになり、トマトを一切食べられないにもかかわらずトマトを育てて金賞を獲得した人」。

『ソウドリ』(TBS)ウエストランドvsからし蓮根vs東京ホテイソン。

『イグナッツ!!』(テレ朝)「ちやほや倶楽部」。

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレ朝)「音効サーヤがトークを盛り上げる夜 」。

『もう中学生のおグッズ!』(テレ朝)「見た目と味だけで誰の有名人カレーか当てちゃうよ~」。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太