24年売れていない芸人のリアル生活!|神宮寺しし丸の“生き方説明書” #3

神宮寺しし丸

芸人の仕事をしていると「好きな仕事をやれて楽しそうだね」と言われることが結構あります。

僕はお笑いが好きで芸人になったので、その仕事をやれているのは幸せなことだと思います。しかし、芸人の仕事だけでは食べていけてないので、厳密に言うと「好きな仕事をかじれて楽しそうだね」となります。これは大きな違いです。芸人の仕事以外にバイトをしています。その生活は混じりっけなしの貧乏です。

貧乏は辛いです。歳を食った貧乏はさらに辛い。売れない芸人も一丁前に歳を取るわけで、辛さは年々増していきます。そもそも好きなことで食っていこうなんて図々しいもいいところですから、この辛さはその報いだと受け入れております。しかし、辛い。

先月は芸人を志すきっかけから、社長となり、また芸人に戻るという過去の話を書かせて頂きました。ということで今月は現在を。

24年売れていない芸人のリアルを書きたいと思います。

【関連】先輩にハマるには「良い意味でバカ?」と言え! 芸人が伝授する「可愛がられる方法」


売れない芸人のバイト事情

売れない芸人のほぼ全員が何かしらのバイトをしています。これが若手芸人ならまだいいのですが、加齢芸人となると……。僕は数年前に新しいバイトを始めることになったのですが、そこで現実を味わいました。

僕は「お花くん」というキャラクターを四年ほど前から始めました。一年365日の誕生花と花言葉を言えるというものです。

お花くんチャンネル / 神宮寺しし丸 動画は『2021年3月31日 お花くんから皆さんにお伝えしたいことがあります。』

このキャラクターに説得力を持たせる為に、お花屋さんでバイトをしようと思いました。これが全く受からないのです。四年前というと僕は41歳。41歳のおじさんを雇ってくれるお店はないです。しかもお花屋さんです。おじさんが最も働いてはいけない場所です。履歴書の段階で落とされます。面接まで辿り着いても「41歳の芸人てどんな奴がくるんだろ?」の興味本位だけで、「全くテレビで見たことないおじさんが来たぞー!」で、結局落とされます。

それでもどうにかコネを手繰り寄せ、知人の紹介でお花屋さんに雇って貰うことができました。

お花屋さんで働くしし丸(41歳)

しかし、突如としてお花屋さんに現れたおじさんにバイト達はざわつきます。

20代ならいいんです。

しし丸  「俺、芸人やってるんだ」
バイト仲間「そうなんだ!頑張って!」
しし丸  「いつか売れるからさ」
バイト仲間「売れたら女優とか紹介しろよ!」
しし丸  「バッキャロー!」

青春です。「夢を追いかけバイトに励む青年」です。

しかし、40代の今。

しし丸  「俺、芸人やってるんだ」
バイト仲間「そ、そ、そうなんですね。お疲れ様です」
しし丸  「いつか売れるからさ」
バイト仲間「あっ、はい。お先に失礼します」
しし丸  「もう帰っちゃうの?一緒に帰ろうよ」
バイト仲間「あっ、いえ、失礼します!」
しし丸  「待ってよー!」
バイト仲間「ギャーーー!!!」

ホラーです。「夢を追いかけバイトに励む中年」はホラーです。僕が学生のバイトで、そんなヤバいおじさんがバイト先に入って来たら極力関わらないようにします。

こんなゾンビのような男を受け入れてくれたお花屋さんには感謝しかないのですが、そんなお店もコロナの影響を受け閉店に。また新たなバイト先を探すか……。

このように、売れない芸人のバイトは年齢を重ねるごとに辛く厳しいものになっていきます。芸人が昔からのバイト先で出世して店長になった!なんて話も、その芸人が優秀というよりは、他にバイトを見付けられない状況からくるのもではないかと思うのです。

教訓:おじさんアルバイターへ

“アイブロウ・フラッシュ”をするべからず!

“アイブロウ・フラッシュ”とは、0.5秒ほど目を見開き眉を上げて挨拶をすることで、相手の警戒心を解き好感度が上がるそうです。面接時にはかなり効果的だと言われています。

しかし、これをバイトの面接でおじさんがやるとどうでしょうか。想像して下さい。目を見開き眉を上げて挨拶をするおじさんの姿を。瞳孔が開いたゾンビです。是非やめましょう。

「お風呂に入ってから行こう!」

僕は格闘技が趣味なのですが、柔術の先生が言ってました。練習後ではなく練習前にシャワーを浴びると。ジムには女性会員もおり、クサイと露骨に辞めていくそうです。

バイト先でゾンビ扱いされようが、臭いまでゾンビになる必要はありません。バイト前にひとっ風呂浴びて行きましょう。

売れない芸人の食生活

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

佐々木 笑

(ささき・えみ)1996年生まれ。宝島社ムック局編集部のち、フリーランスの編集者・ライター。笑と書いてエミ読みます。本名通りお笑い大好き人間に育ちました。『フワちゃん完全攻略本』『#麒麟川島のタグ大喜利』『KOUGU維新 公式本で、イザ参ラン!』(すべて宝島社)など。アイコンは川島さんに描いていただ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太