阿佐ヶ谷姉妹|正田真弘写真室「笑いの山脈」第9回

文・撮影=正田真弘
編集=竹村真奈村上由恵


カメラの前に立ちはだかり、ネタの瞬間ものすごい存在感でエネルギーを放出するお笑い芸人。その姿はまるで気高い山のようだ。敬愛するお笑い芸人の持ちネタをワンシチュエーションで撮り下ろす、フォトグラファー正田真弘による連載「笑いの山脈」。本業はポカリスエット、カロリーメイト、どん兵衛、Netflixなど見たことある広告をいっぱい撮っている人。


阿佐ヶ谷姉妹「思い出作り」

阿佐ヶ谷姉妹|正田真弘写真室「笑いの山脈」第9回
阿佐ヶ谷姉妹|正田真弘写真室「笑いの山脈」第9回

阿佐ヶ谷姉妹の暮らしには見る者を穏やかな気持ちにさせてくれる何かがある。
ブログ『姉妹だより』やエッセイ本『のほほんふたり暮らし』(幻冬舎)を通して伝わってくる日常はアコースティックサウンドのように心にじんわりと染み込んできて、
背伸びしないで生きていくことの価値を再認識させてくれる。
映えた写真であふれた世の中だからこそ、語りかけるのではなく耳を傾けてくれるような存在がうれしくなるのだ。

以前読んだおふたりのインタビューでこんな言葉に触れてとても共感したことがある。

「仕事は思い出作りのようなもの」

常々、僕も人生は思い出作りと思って暮らしている。
話は少しそれるが先日、真心ブラザーズのYO-KINGさんから「走馬灯は脚色していいとみうらじゅんさんが言っていた」と聞いて、この”人生は思い出作り論”もさらになんでもアリに思えてきて楽しくなった。

自分も歳を取ったのか、苦しいほうを選ぶ時期を過ぎて
楽しいほうを選べというフェーズに入ってきたのかもしれない。
そんな僕には阿佐ヶ谷姉妹の笑いがたまらなく心地いいのだ。
夏の夜の風呂上がり、畳の上でビール片手に笑いたい。

今回の写真に一切触れていなかった。
“見えないものを見ようとして望遠鏡を覗き込んだ”
阿佐ヶ谷姉妹のつかみネタである。

この撮影がいい思い出になったかどうか、
そこが阿佐ヶ谷姉妹にとっても僕にとっても大切なのだ。


阿佐ヶ谷姉妹
木村美穂(1973年11月15日生まれ、神奈川県出身)と渡辺江里子(1972年7月15日生まれ、栃木県出身)によるコンビ。ASH&Dコーポレーション所属。劇団東京乾電池研究所で知り合い、2007年に結成。美しい歌声と対照的なアクロバティックな動きの歌ネタを得意とし、『女芸人No.1決定戦 THE W 2018』優勝。


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太