心なき誹謗中傷にどう対応するか。木下百花が涙で訴える「そんなこと言うなよ」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。

【関連】悪口を言うのは楽しい。だからこそ気をつけよう。


『アウト×デラックス』

木下百花の叶えたい夢だという、古民家をパリピ風に改修する企画。

その助っ人に、プラチナボーイズの小池成が登場。木下は「声がでかい」「明るくて圧がスゴくて頼んでないのにグイグイ来る」と、苦手な「たかみなタイプ」の空気を感じ最初は拒絶反応を示す。

その後、Mカップグラドルのももせもも、王林などが助っ人として加わると次第に打ち解け、「最初こそ会話が苦手なので帰りたいと思う一瞬もあったんですが、今は青春を謳歌してる気分」と楽しそうに作業する。

ひと段落つき、メンバーとアイドル界について談義。アンチについての話題に、ももせはデビュー当時、悪目立ちして「奇形」などキツい言葉を浴びせられていたという。

「『アウト』に出てポジティブな言葉をもらえるようになった。矢部さんとかマツコさんが『神々しい』とか『平和の象徴だね』って言ってくれて、アンチが本当に減って、ポジティブに言ってくれる人が多くなった。女性ファンもできて、女性にも認められるんだなって。本当に元気になれた。今もアンチはいるけど、100人のファンの声より、ひとりのアンチの声が大きく聞こえるってことはなくなった」という言葉に、涙を落とす木下。

「誹謗中傷してる相手、わざわざネットに時間割いて書いてるってことは、その時点で相手の負けだと思ってる。本当にそういう人は、人として終わってる。今日一緒にやっててこんなにすごくいい人たちなのに、そんなこと言うなよって、すごい泣けてきちゃって……」。

このVTRを観たマツコも「ポリシーとか信念、尊厳込みで戦う準備があって批判する人はいい。何の意味もなく、湧いて出た言葉で『死ね』とか書けちゃう人いるじゃない? だいたいそうだと思うのよ、世の中のひどい書き込みって。だから何にも気にならない。なんの勇気もない人たちだから私のところまで上がってこれないだろうし」と語る。

2日目になると、仲が良くなったメンバーにもまたよそよそしくなってしまう木下。特に「マジで今回友達できるかも。連絡先聞きたい人いた」と言っていた小池に対して、再び拒絶反応を示してしまう。

「仲良くなったところは、小池さんの根暗な部分。でも圧がすごすぎて、ハッピーポジティブでこられたら素直になれない。友達作るのって難しいな……」。それでも、勇気を出して「私、テレビ回ってないときの小池さん大好きなんですよ。でも、カメラ回ったら圧がスゴくて逃げちゃう」としっかり伝えた上で、「仲良くなりたい」と連絡先を聞いて心を開こうとする木下の姿は感動的だった。

【関連】元乃木坂46・川後陽菜が綴る、SNSと誹謗中傷「こういうときこそ本性が出る」

『有吉反省会』

ゲストは『ドゲンジャーズ』でもおなじみ、北九州のご当地ヒーロー・キタキュウマン。「ものすごい有名。福岡県民ならたいがい知っている」という大吉がパネラーにいるのが心強い。

キタキュウマンは「別のヒーローとかけ持ちしていること」を反省。同じく『ドゲンジャーズ』のメンバーでもある佐賀県のヒーロー・ヤマシロンの声優をしているそう。「大学を卒業して……」「大阪大学出身」「今、32歳」など、本名も含め中の人の個人情報をあっさり言っていくのもおもしろい。

素顔も出しているため、マスクを取ると「人気出そう」と友近。デビュー当時から知っている大吉も「垢抜けたね」。運動ができないため、アクションシーンは別のスーツアクターに入ってもらっているというキタキュウマン。試しにキタキュウキックを実演すると有吉「一瞬で体幹が弱いってわかる(笑)」。

キタキュウマンのかわいげが全開で、これをきっかけに『ドゲンジャーズ』を観てくれる人が増えたらいいなと思った。


『アニマルエレジー』

今回はハキリアリの生態。歌のコーナーは「全力人生」と題された曲。いつもは「○○風」に絶妙にメロディを変えていたけど、今回はスキマスイッチの「全力少年」のメロディそのままの替え歌。

1コーラス目はロバート秋山の歌声だが、2コーラス目を歌うのはまさかのスキマスイッチご本人。「すごーい、私、けっこう興奮してる!」と夏目三久。「私、最近ダンスを習い始めたんだけど、最初に踊った曲が『全力少年』」と思わぬ情報も。

「シングルにしていただいても……」と無茶なことも言いながら、この番組の主題歌である「吠えろ!」を「ツアーでやっていただいて感激しました」とも語る。スキマスイッチ自身の曲だからツアーでやるのは当たり前なのに、自分の曲みたいに言うのがいかにも夏目らしい。

改めてスキマスイッチが1コーラス目も歌っている「全力人生」フルバージョンを流すことに。冒頭の煽りで夏目が泣いていたので、もしかしたら途中、歌詞を変えて結婚を祝福するサプライズでもあるのかな? アリの曲だけに……と思っていたけど、そういうことはなく。でも、曲を聴いて涙をこぼす夏目がとてもチャーミングだった。

明日観たい番組:『千鳥VSかまいたち』優香と学園コント

『しゃべくり007』(日テレ)に菅田将暉、有村架純、仲野太賀、古川琴音、神木隆之介。

『激レアさん』(テレ朝)は「1日で304件もの飛び込み営業をした伝説の営業マン」。

『千鳥VSかまいたち』(日テレ)は「同世代4人憧れの優香と一夜限りの学園コント」。

『マヂカルクリエイターズ』(テレ東)は「擬人化アイドルをプロデュースしたいよ~!」。ゲストはchelmico、オズワルド、ママタルト、ダイヤモンド、真空ジェシカ。

『さまぁ~ず論』(テレ朝)は「持論発表会」後編。ゾフィー上田ら。

『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレ朝)はさらば森田と「ヤバい仕事を上手にこなす夜」。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太