今田耕司を“妖怪”と評する鶴瓶「人がスベったことをフォローして、それが肥やしで太っていく」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『A-Studio+』

ゲストは今田耕司。鶴瓶と共に司会をしていた『いろもん』について今田は「まだ若かったんで勝負やと思ってた。べー師匠が真ん中にジャッジでいて、俺と東野とゲストとどっちがおもろいか見てください、くらいの気持ちやった」と回想。

『ごっつ』終了直後のころにマネージャーだった片山勝三(現・スラッシュパイル)から熱いメッセージ。そのころは今田耕司が輝く場所がたくさんあった、と。たとえば『27時間テレビ』の深夜芸人コーナーの司会は水を得た魚で「深夜に手ぶらで来て、爆笑をかっさらって手ぶらで早朝に帰っていく今田耕司」をマネージャーとして誇らしく思っていたそう。「もうひとつ覚えているのが、『めちゃイケ』の収録中に明石家さんまチームが、ダマで乱入するという企画。さんま組長・今田若頭の『明石家マンション物語』チームは『めちゃイケ』チームをボッコボコにシバきあげていました。誰か止めに入ったほうがいいのではないか。このままでは『めちゃイケ』メンバーが殺される。そう感じました」。

おそらく今田が『あちこちオードリー』でサブで片岡飛鳥が怒鳴っているのを見て怖かったと話していたのはこのときのことではないか。片山は今田を「名参謀」と形容し、「時代の流れに苦戦を強いられている」とつづける。「今、今田耕司はテレビで活躍している。が、しかし、止まっている」「だから僕は今田耕司さんに提案したい。こんな時代だからこそ、まっすぐなお笑いで勝負してほしい」。

鶴瓶はエンディングのひとり語りで今田のことを「妖怪」と表現。「人がスベったことをうまいことフォローして、自分で食うてそれが肥やしで太っていく」と。「今田耕司がいる限りテレビをおもしろくしてくれる」。

【関連】今田耕司「ラクな仕事って残らないんです」自分の“居場所”を求めて戦う日々

『タモリ倶楽部』

「ある世界から相当キレられている」ということですゑひろがりずが登場。キレているのは小鼓の先生。その扱い方が「見るに堪えない」「論外」だということで「小鼓の正しい打ち方講座」。そもそも小鼓を立って打つことがあり得ないのだそう。小鼓を打たない三島もレクチャーを受けるが、不器用なのかなかなかできないのがかわいらしい。

「鼓は鳴らすまで、準備段階から難しいんだよ。だいたい打楽器っていうのは湿った国は不利なんだよね。ところが鼓だけは湿度がないとダメ」と、いつものように知識豊富のタモリだが、珍しく小鼓の打ち方には苦戦。

「ついでに」ハンバーグ師匠のアレ(ヴィブラスラップ)の正しい打ち方も。この楽器を使うようになったきっかけを井戸田は「ネタ番組に出たときは音響さんに音を出してもらってたんですよ。それがロケとかに呼ばれるようになってそのときもネタを振られるんですけど、音がないからちょっと生焼きのハンバーグになっちゃうんですよねえ」「楽器屋さんにいって、これなんだろうと思って鳴らしたら一気にウェルダンに焼き上がりまして」と焼き加減で語る。そんなハンバーグ師匠だが、持ち方すら間違っていることが判明。どちらも正しい打ち方でネタをやるとやりにくそうになっちゃうのがおもしろい。

【関連】すゑひろがりず「人気ゼロ」から15年目の大逆転


『かまいガチ』

ライス関町、ニッポンの社長ケツがゲスト。関町自身が「何、このキャスティング?」と言うように、「昨日の夜遅くに決まった」という。実は当初のスケジュールでは「ドラマの収録」となっており、松坂桃李のドラマ(おそらく『あのときキスをしておけば』)にガチで出演しようという企画だったものの「雨によりガチ中止に」。

よって企画も「見つめ合いは突然に…」というまだあまり練られていない状態。それを4人(と途中から参加のジャンポケ斎藤)がやりながらブラッシュアップしていく。ルールをマイナーチェンジしていくとだんだんおもしろくなっていく。その過程が興味深い。番組のエンディング間際になってようやく「だいぶ固まってきたな」という山内。濱家「今日のを経て企画練り直して次あたり完成形でいきたいね」。

明日観たい番組:『ザ・ノンフィクション』の「放送1000回SP 前編」

『爆笑!ターンテーブル』(TBS)。どぶろっく、3時のヒロイン、こがけん、おいでやす小田&矢口真里、東京ホテイソンたける&ダンテカーヴァー、虹色侍ずま、さくらまや&麒麟・田村、永野、真空ジェシカ・ガク。

『シンパイ賞!!』(テレ朝)。麒麟・川島、ソラシド本坊元児。

『テレビ千鳥』(テレ朝)、「出張!!ネコか?ノブか?ゲーム」。

『有吉ぃぃeeeee!』(テレ東)、三村マサカズ「桃鉄」後編。

『ガキの使いやあらへんで!』(日テレ)。「実録!浜田は気づいてくれるのか検証」第2弾。

『日向坂で会いましょう』(テレ東)、「第3回企画プレゼン大会 後半戦!!」。

『ボクらの時代』(フジ)、小橋建太×武藤敬司×蝶野正洋。

『おしゃれイズム』(日テレ)に広瀬すず。

『おかべろ』(フジ)に松本まりか。

『ザ・ノンフィクション』(フジ)、「放送1000回SP 前編」。

広瀬すず×櫻井翔『ネメシス』(日テレ)スタート。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太