東野幸治の本音を引き出す伯山カレン「ラジオにも飽きてる」「定住しない魅力がある」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


『伯山カレンの反省だ!!』

番組始まって以来の大物ゲストとして「カレンにどうしても言いたいことがある」と登場した東野幸治。共演する『行列のできる法律相談所』では常に緊張した面持ちであるカレンが「ある日、夜中テレビをつけたら俺の知らないカレンがいた」と。「滝沢カレンBが観られる。Bを引き出したスタッフさんや伯山さんの技量に嫉妬する」と番組を絶賛する東野。

「正直言うと、一番好きな番組これでしょ?」と問う東野に「正直言わなくてもそうです」と答えるカレン。さらに「東野さんは行列にどんな気持ちで出てるんですか?」とカレンが聞くと「こんなん初めて! 俺、カレンちゃんに質問された! しかもカンペじゃなくて。そんなんできるんや!」と東野は驚きつつ、「人様の家に賃貸で住んでいる感じ。微妙なこそばゆい感じ。上手にバトンを渡していける番組にしたらええんちゃうかなって」と答える。

そんなスタンスを聞いて伯山は「東野さんっていろんな番組出てますけど、どこか居心地悪そうにして定住していないイメージがありますね。どっかで醒めてる」と評す。東野は「正解です。自分が芸能人っていう意識がないというか」。

そしてラジオの話題に。最初は自らYouTubeでラジオを始めた末、『オールナイトニッポン』のパーソナリティも務めた東野に「たぶん、飽きてますよね?」と看破する伯山。これに爆笑しながら首肯する東野。「東野さんには定住しないという魅力がある」と伯山。東野「基本、僕1年で飽きるんです」。

『シンパイ賞』

上島竜兵率いる「竜兵会」が、高年齢化が進み存続の危機に瀕しているということで若手をスカウトに。兼近と草薙を相手に、上島と飲み会シミュレーション。

上島が草薙に、「困ったときに使え」と自身のギャグ「ふぇ~!」を伝授したりするも、会話が噛み合わず地獄のような空気が流れる。従って、当然全員「入りたくない」の札を上げる。本当は「次、せいやさん」というカンペが出ていたが「無視した」というせいや。「初めてです、カンペ燃えてくれって思ったの!」。

これに対し上島は残念そうにしながら、「今若手で一番リアクション期待できるの誰ですか?って言われたら、せいや」と伝えて本人を喜ばせるも、粗品のことは「福留」、宮下草薙は「だーりんず」と名前を覚えていない。これに抗議する草薙に、爆笑・太田は「気になるし、入りたくないってお前が人に言える立場じゃねえ!」とツッコむ。言葉に詰まった草薙は、普段ならかんしゃくを起こすところで「ふぇ~!」。このギャグ、草薙のかわいらしさも相まって合っているから、この回だけにするのはもったいないと思ってしまう。


『ゴッドタン』

「腐り芸人セラピー」流れ星の後編。バラエティ番組の範疇を超えるくらいマジなトーンの口論を繰り広げた前回につづき、今回もスリリングな対話がつづく。

TAKIUEは、自分がネタを考えているのに、番組に呼ばれるのはちゅうえい。その間、何もできず、やはり相方のネタを書くしかないとボヤく。「お前も出るチャンスあったんだよ? そこでお前は土俵に立たなかったから」とちゅうえい。

これにTAKIUEが「そんなふうに上から言われたら……」と言うと、「お前、どの口が『上から言われたら』って言ってんの? ずっと上から言ってんじゃん!」とちゅうえいが激昂。「お前の近しい人間に対して、俺、親、嫁……全部そういうやり方してる。お前、漏れなく全員と仲悪いじゃん!」。

こうした対話を聞いていたノブコブ徳井は「自己評価が高い人は、仕事の能力は低い」という「ダニング=クルーガー効果」を紹介。さらに「TAKIUEは自己評価が高過ぎる。ってことは能力が低い」「若林くんは若手の中でトップ。比べられるほどTAKIUEくんはすごくないっていうのを、自分で認めなきゃダメよ。『俺はすごくない』って本心で思っていかないと本当にうまくいかない」と諭す。

「すごく、ない?」と自問するように呟くTAKIUEに「全然すごくないよ。一緒になってすごいと思ったことないもん」とハッキリ言う徳井。さらに「天然ボケであることを受け入れなきゃ」と板倉。「受け入れるためには客前で、ちゅうえいがTAKIUEをイジって笑いを取ることで、それが正しいことを証明しないといけない」と。

最後はお互いの目を見合いながら感謝の言葉を言い合う。ちゅうえい「いいっすね……」。

今日観たい番組:「初めてでも失敗しないキャンプ術」など

『クイズ!THE違和感』(TBS)は2時間スペシャル。

『しゃべくり007』(日テレ)に河合郁人、花澤香菜&宮野真守。

『しくじり先生』(テレ朝)はバイきんぐ西村による「初めてでも失敗しないキャンプ術」。

『かまいガチ』(テレ朝)は「濱家の代役を探せ!第2の濱家オーディション」。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太