ソーシャルディスタンスでキスができない上島竜兵、そのとき彼が取った行動とは(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


爆笑・太田「錯覚がないと人は生きていけない。だけど、それが人を殺したり、生かしたりする」

『サンジャポ』、誹謗中傷が原因のひとつとされる自殺の件について。「そこが自分たちの全部の世界だって思い込みやすい」と爆笑問題・太田。それは錯覚なのだと。恋愛や信仰も錯覚で「錯覚っていうのがないと人間は生きていけないっていうのも事実。だけど、その錯覚が人を殺したり、あるいは人を生かしたりする。重要なものって同じ場所にある」と語りかける。

『ワイドナショー』、手越祐也の無期限謹慎の件で松本「芸能人って『あんなことできるんだ!』って思わせなきゃいけない。それが『そんなことしちゃうんだ』って思わすのはねえ……」。

『マツコ会議』、元芸人でYouTuberのデカキンが芸人時代のテレビ出演を「ホント怖かったです。テレビは殺しの螺旋なので」と振り返る。YouTubeはみんなの輪で、テレビは蹴落とし合いだと。「そんなことないだろ!」とツッコむマツコにデカキン「マツコさんが殺しの螺旋を渦巻いてるほう」。それに対しマツコは「殺しの螺旋なんじゃなくて、あれがテレビの輪なんだよ」と諭す。テレビでは肩を入れられて映らないようにされるというデカキンに、マツコ「そこで怯んじゃダメなのよね。入れられたら次入れ返す。それがテレビの輪なのよ」「(みんな仲いい)世界なんてないんだよ、この世界に!」。

『有吉反省会』、反省人に「斬鬼さん」こと松田賢二。かわいげを出すためにダジャレを言っているという松田に、「僕ね、ダジャレ言う人で一番気に入らないのが、『つまんないのはわかってます』って言うんですよ。この逃げ方が大嫌い。俺はこれがおもしろいと思ってます!って言わないと」とバカリズム。「バカリズムはお笑いでまだとんがってますから」と笑う有吉に促されダジャレを言う松田が「スベった」と漏らすと、すかさずバカリズム「スベったかどうかじゃない。自分がおもしろいと思ってるかどうか!」。

『第7キングダム』、「お仕置き」の新スタンダードを作るという企画で「この方々がOKと言えばこの世界では政府公認みたいなもの」とダチョウ倶楽部がゲスト。そこで思い出すのは、やはり『あたらしいテレビ』でのフワちゃんの「ねぇ、ヤダ、ホントに! あたし、上島竜兵のキスこれからも見たいよー!」という言葉。もちろん、まだケンカからキスのくだりはできない。そこで彼らが行ったのは「投げキッス」。

今日観たい番組:ナレーションのないドキュメンタリー「屋根裏のちばてつや」など

『有田ジェネレーション』(TBS)は「ミュータントアングラ芸人リモート生態調査」。

『ストーリーズ』(NHK)はノーナレ「屋根裏のちばてつや」。

『しゃべくり007』(日テレ)は滝沢カレン。



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。
    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太