山田ルイ53世「自粛期間、無意味にボーッと過ごしてもいい」(てれびのスキマ)


昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。


昨日観た番組:“一発屋”の3人によるリモート『ボクらの時代』

『ロンブー淳のバチャぶらリモだちナイト!』で「アニメ『映像研には手を出すな!』を好きなだけ語れるカフェ」。「心をどっかに置いてきた人間が、やっと52歳になって『映像研』を観て、手元に心が舞い戻ってきた」と言う東野。「『幻ラジオ』を始めたのは、『映像研』を見た影響なんですよ。手作りで何かやるっておもしろさを教えてくれた」などとその魅力を熱く語る。彼らの話を聞いて『映像研』に興味津々のロンブー淳に、東野「観終わったら、淳、吉本辞めてると思う」。

『青春高校』、「私のショート動画GP」。きめしゅんの「マスターM」、川谷花音の「おうちでキャンプ」、本多睦が自宅で「ナンチャンを探せ!」のパロディをやった「ムッチャンを探せ!」など力作ぞろいだった。中でも出色だったのは「おばちゃん」こと宇都木彩乃の新キャラ「ドキドキくん」による「つくってはしゃご」。三四郎・相田は「最高傑作」と称賛し、日村も「めちゃくちゃおもしろいし、すごい幸せになるし、俺も芸能生活いろいろ経験してきたけど、このおもしろさは計り知れない」と絶賛。「おばちゃんさ、俺とか三四郎とかで今度コントやろうよ」と芸人として最上級の賛辞を送る。

『ボクらの時代』はリモート収録で髭男爵・山田ルイ53世、スギちゃん、コウメ太夫のいわゆる“一発屋”の3人。3分割された画面にキャラ芸人が3人という画がおもしろ過ぎる。「これもうシミュレーションってことでいいんだよね?」とスギちゃん。コウメが山田を「ルイさん」って呼ぶのも何気におもしろい。

「自分に実力があるからブレイクしたと勘違いしていた」と言うスギちゃん。番組でうまくいかないことが増えて落ち込んでいるとき、石橋貴明に「もともとスギちゃんは実力ないんだから、凹む必要ないだろ」と言われて目が覚め、「そこからまったく悩まなくなって自分が出せるようになったし、心も立ち居振る舞いも楽になった」というエピソードがとてもよかった。で、そのとき、音声トラブルでふたりにはその話が聞こえていなかったというオチつき。

「この自粛期間を有意義に過ごそうぜって、言う人がちょっと多過ぎるなって思う」という山田が「無意味にボーッと過ごしてもいいんじゃないかって思ってます」と語る。自身の引きこもり時代を「意味があった」と安易に言わないでほしいとさまざまな場で繰り返し語っている山田だからこその、体重の乗った言葉。人生にムダな時間を過ごした期間があったっていい。

ツイッターで「スゴかった!」と評判だった4月29日の『それって!?実際どうなの課』が想像以上にスゴかった! 森川葵がさまざま道の達人に会いに行き、その技に挑戦する企画の総集編。もともとは達人のスゴ技を見て驚くだけの企画だったのだけど、けん玉の達人のところに行った際、穴と剣の直径の差が1ミリしかない「1ミリけん玉」を見て「私もやってみたい」と申し出たことが始まり。なんと、一発で成功させてしまったのだ。

その後もロックバランシング、クレーンゲーム、ゴム銃、ダイススタッキングなどを次々と一発ないしは驚異的スピードで成功させていく。森川は達人の技を見た際のリアクションも抜群なのだけど、そのリアクションを達人にもさせてしまう。森川がスゴすぎて達人たちも笑ってしまう。挑戦企画は苦労している状態を撮りたいものだが、それが撮れない。その状態を番組は「バラエティの法定速度を無視したワイルドスピード森川」と形容。森川が少し苦労したのは水切りとスポーツタッキング。それも結局、1日で日本大会入賞レベルの記録を出してしまう。

「(スゴい技を見ると)やってやろうっていうか、私、絶対できるって思います。できることはいつだってできる」と言う森川。「たぶん、感覚が鋭い」と自己評価する森川だが、その並外れたセンスだけでなく、一流の女優の必須条件ともいえる、自己暗示力と一瞬の集中力がものすごいのだろうなと思った。

今日観たい番組:『ロンハー』でぺこぱ松陰寺ドッキリ

『バナナサンド』(TBS)は、SixTONESのジェシーと田中樹にハリウッドザコシショウ、コウメ太夫、プラス・マイナス岩橋がバラエティのスパルタレッスン。賀来賢人と筋肉芸人が「マッスル選手権」。

『LIFE!』(NHK)に波瑠、上白石萌歌。

『今だから、新作ドラマ作ってみました』(NHK)、第2夜は小日向文世、竹下景子による「さよならMyWay!!!」。

『ロンドンハーツ』(テレ朝)は「ぺこぱ松陰寺太勇連続ドッキリ」。

『テレビ千鳥』(テレビ朝日)は「ボードゲームで遊びたいんじゃ!!」。

『あちこちオードリー』(テレ東)はジャングルポケット、小島瑠璃子。出前芸人として鬼越トマホーク。

【毎日更新】きのうのテレビ(てれびのスキマ)
5月4日 岡村隆史の失言問題にどこまでも優しく寄り添う爆笑・太田
5月3日 明石家さんまが絶賛する、ずん飯尾の“優しい言葉”
5月2日 オードリー若林、父との最期の日々で気づかされたこと
5月1日 矢部浩之の説教は、岡村隆史だけでなく僕らにも向けられていた

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太