【紅白歌合戦】楽しみなのは誰?読者アンケート結果発表!結成1年で出場を果たしたBE:FIRSTが1位

2022.12.30
紅白で楽しみなアーティストランキング

文・編集=QJWeb編集部


2022年12月31日(土)19時20分から23時45分に放送される『NHK紅白歌合戦』。出場者の曲順が発表され、放送日が迫ってきた。10組の初出場者から常連のベテランまで幅広いアーティストがそろっているが、読者は誰のパフォーマンスに期待しているのだろうか。

QJWebで実施したアンケートより、読者がパフォーマンスを楽しみにしている出場者を紹介する。

※アンケート実施期間:2022年11月22日(火)~12月5日(月)


第9位~第6位

第9位(同率) TWICE「Celebrate」

紅組/4回目

第9位(同率) 日向坂46「キツネ」

紅組/4回目

第8位 NiziU「CLAP CLAP」

紅組/3回目

第7位 SixTONES「Good Luck!」

白組/3回目

第6位 Snow Man「ブラザービート~紅白みんなでシェー!SP~」

白組/2回目

トップ5の発表!

第5位 King & Prince「ichiban」

白組/5回目

理由
・キンプリ5人での最後の紅白歌合戦だから。
・ダンススキルと歌唱力の高い実力派で、華があってかっこいいから。

第4位 LE SSERAFIM「FEARLESS -Japanese ver.-」

紅組/初出場

理由
・なかなか日本のテレビでは観られないから。
・かっこよくてかわいくてキレイなLE SSERAFIMがお茶の間に見つかってしまうワクワク感がたまらないから。
・一糸乱れぬダンスが魅力だから。

第3位 JO1「無限大」

白組/初出場

理由
・パフォーマンス力が高いから。
・いつも期待以上のパフォーマンスを見せてくれる。初出場でより期待できるから。
・デビューから3年、歌もダンスもコツコツ努力を積み重ね、強く成長しているJO1が紅白歌合戦という大舞台に立つ姿を想像しただけで楽しみだから。

第2位 星野源「喜劇」

白組/8回目

理由
・今年最後にふさわしい曲だから。
・毎年素敵な演出をしているので、今年はどんなパフォーマンスが観られるのか楽しみだから。
・8年連続、すべてその年にヒットした曲で出つづけられているのはすごいから。

第1位 BE:FIRST「Shining One」

白組/初出場

理由
・パフォーマンスが素晴らしくて、紅白に出るのにふさわしい実力のあるグループだから。
・生歌とダンスの迫力が凄まじいので、たくさんの人に観てもらいたいから。
・年越し前にBE:FIRSTのパフォーマンスを観て幸せな気持ちを味わいたいから。


この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。