しずる、ライス、サルゴリラらによる新ユニット「メトロンズ」が始動


メトロンズ

コント芸人たちによる本気の新境地

2018年まで「SIX GUNS」としてユニットコントを定期開催していたしずる、ライス、サルゴリラの芸人3組に、作家・演出家の中村元樹を加えたユニット「メトロンズ」。NSC東京校9期の同期生でもある7人が、“芸人による演劇ユニット”として本格再始動。制作にシソンヌライブなどを手がける牛山晃一を迎え、4月22日から記念すべき第1回公演「副担任会議」が開幕する。

独自の世界観によるコントを武器に、それぞれが熱いファンを持つ3組。中村が「汚れた保護フィルムを剥がしたときのような喜びと爽快感」と表現する旗揚げ公演はどのような内容になるのだろうか。

お笑いファンはもちろん、演劇ファンにもぜひ注目してほしい。

公演に向けたメンバー7人のコメント

赤羽健壱(サルゴリラ)

全員同期のユニット「メトロンズ」の記念すべき第1回公演になります! 多くの方に見て欲しいです! 七者七様、本気で挑みます! 見て損はない、というか見て得するモノにしたいと思います!絶対来てください!

池田一真(しずる)

どうも! しずるの池田です! 今僕が所属しているユニット「メトロンズ」の公演があるんですよ! 今稽古してるんですけどめちゃくちゃおもしろいと思うんですけどね。僕は。みなさんに評価してもらいたいです! ぜひ、おもしろいかどうか決めに来てください!

児玉智洋(サルゴリラ)

みなさん、いかがお過ごしですか? 児玉です。この度、メトロンズの第1回公演を迎えることができました。ありがとうございます。これからいろいろと挑戦し成長していくためにも、絶対見ていただきたい第1回目の本公演です。もうすぐ春ですね、それでは。

関町知弘(ライス)

はじめまして、メトロンズの関町です。最高のメンバー、スタッフ、劇場で記念すべき第1回公演を上演します。ハッキリ言わせていただきますが、おもしろいです。厳密に言うと、これから本格的な稽古をするのでもう少しおもしろくなります。早くみなさまにお見せしたいワクワク感が日々増しています。4月は出会いの季節です、赤坂でお会いましょう。

田所 仁(ライス)

はじめまして、メトロンズです。これを読んでいるということはアナタは少なからずこの謎のユニットに興味が湧き始めているのではないでしょうか。そのお気持ちをムダにさせない公演がそこにはあります。もう迷う必要はありません。アナタが求めるものはすぐ目の前にあります。

村上 純(しずる)

やってきてしまいました、メトロンズ第1回公演です。これを見る見ないで、少なからずみなさんの今後が変わることになると思います。「メトロンズの旗揚げ公演を私は見た」ということがとてつもない価値になるような、そんな舞台にするつもりだからです。ぜひ、その目で確かめに来てください!

中村元樹

出演者が全員おもしろい人なので、何もしないで放っておこうという演出家としてあるまじき衝動に駆られることもありますが、本気です。しずる、ライス、サルゴリラを解体して、メトロンズという新しい集合体を作ります、くらいの気持ちでやっております。今回の「副担任会議」は、笑えることはもちろん、汚れた保護フィルムを剥がしたときのような喜びと爽快感を味わえると思います。第1回公演から最高です。ぜひ劇場に足をお運び下さい。


メトロンズ第1回公演「副担任会議」

<あらすじ>
文化祭まであと5日。6人の副担任たちは芝居の稽古に励んでいた。担任の出し物に負けないようにと一致団結する6人だったが、突然「担任のひとりが退職する」という知らせが飛び込んでくる。
それをきっかけに、それぞれが抱えていた想いや苦悩が明らかになり、良好だった関係が一気にあやしくなって……。

<公演情報>
2020年4月22日(水)19:00開演
2020年4月23日(木)19:00開演
2020年4月24日(金)19:00開演
2020年4月25日(土)12:00開演/16:00開演
2020年4月26日(日)12:00開演/16:00開演

会場:赤坂RED/THEATER
料金:前売・当日共に¥5,000円(全席指定)
 ※未就学児入場不可
 ※開演後のご入場は指定のお席にご案内できない場合がございます
 ※車椅子をご利用のお客様は、チケットご購入前にチケットよしもとまでご連絡下さい
公式サイト:http://metronz.jp

<スタッフ>
企画・原案:村上純
作・演出:中村元樹
舞台監督:津江健太+至福団
照明:櫛田晃代
音響:高橋真衣
音楽:割田康彦
衣裳:今村あずさ
宣伝写真:mika
宣伝美術:加藤和博
制作:牛山晃一
プロデューサー:嶋村謙秀、東浦尚美
製作・著作:吉本興業株式会社

■関連記事:M-1王者ミルクボーイ独占インタビュー【前編】M-1がなくなり道を失った
■関連記事:ぺこぱ独占インタビュー【前編】「ノリツッコまないボケ」はこうして生まれた
■関連記事:ぺこぱ“NEO優しい”の衝撃「優しいのにおもしろい」という革命(清田隆之)


毒親となった母との汚部屋ぐらし……これが半自伝!?大反響のマンガ『汚部屋そだちの東大生』とは(PR)

この記事の画像(全3枚)


WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ