元ラストアイドル・吉崎綾がセーラー服姿を披露!山内鈴蘭はアスリート級“肉体美”

2022.2.28

文・編集=QJWeb編集部


『週刊SPA!』で撮り下ろした水着グラビアをまとめた写真集シリーズ『旬撮GIRL Vol.10』が、2月14日に発売。その好評を祝して、元ラストアイドル・吉崎綾、元SKE48・山内鈴蘭、大久保桜子の誌面掲載カットが公開された。

森日菜美(撮影=中山雅文)

妄想撮で描かれる吉崎綾との“大人の寄り道”

スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』(テレビ朝日)にレギュラー出演を果たし、グラビア業界で“令和の国民的妹”との異名を取る森日菜美が表紙を飾る本作。妄想撮シリーズ「このあと、どうする?」では、人気作家たちとグラドルがコラボを果たす。

元ラストアイドルのメンバーで、現在はモデル・タレント等で活躍する吉崎綾。今回は、作家・ドラマプロデューサーとして活躍する橋爪駿輝の書き下ろし妄想撮シナリオに沿って、「同窓会にセーラー服姿で現れたやんちゃな彼女」というテーマで演じている。

吉崎綾(撮影=桑島智輝)

高校時代に仲がよかった彼女と、5~6年ぶりに連絡を取り合い再会を果たすことに。カフェで待ち合わせしていると、まさかセーラー服姿の吉崎が登場する。「だって高校のころに戻った気持ちで会おうっていったじゃん」と呟く彼女にドキッとしながらも、予約していた居酒屋に移動する。

身分証明書の提示を求められながらも、無事に晩酌をすることができたふたりは、生ビールで乾杯して昔話に花を咲かせる。すると吉崎が突然手を差し出してきたので、条件反射的に僕はその上に手を置くと「キミはやっぱ、犬みたいだね」と言い放たれた。挑発された気分になった僕は、彼女の手をぎゅっと握ると、「このあと、あのころできなかったことしよっか?」と誘われてしまう……。

誌面では、“大人の寄り道”へと向かうふたりの行く末が描かれていく!

吉崎綾(撮影=桑島智輝)

本作のヒロインを演じた吉崎は、「制服は普段、映像のお仕事でしか着なかったので色んな意味で緊張しました(笑)。ロングヘアーでのグラビアもレアなので、楽しかったです! 久々のグラビアだったので、”自分の体を魅せる”という事が難しく感じました。グラビア復帰が決まって、体づくりから始めました。見てくださった方が少しでも良いなと思ってくれたら嬉しいです! 今後はマルチに活動がこれからも出来るように、全身全霊で頑張ります!!皆さんも是非応援してくれると嬉しいです!ついてきてください!」とコメントを寄せた。

吉崎綾(撮影=桑島智輝)

山内鈴蘭の肉体美と、大久保桜子が仕事終わりのデートを熱演

山内鈴蘭は「最強ゴルファー美女が見せた水着姿」というテーマで、グラビアを披露する。ゴルフ雑誌や番組に引っ張りだこの山内の肉体美は、アスリート級でありエリートともいうべきポテンシャルを誇っていた。

本作では着慣れたゴルフウェアを一切披露せず、ビキニ姿から薄暗い部屋での悩殺カットなど、ナイスショット過ぎる美貌を見せてくれた彼女。「ありのままの山内鈴蘭を感じて頂ける作品に。水着にもこだわりました! 私の想いが届くといいな!」と見どころをアピールしている。

山内鈴蘭(撮影=西條彰仁)

スーパー戦隊シリーズ『宇宙戦隊キュウレンジャー』(テレビ朝日)といった注目作にも出演し、2nd写真集『 sol 』(ワニブックス)が発売中の注目のアイコン・大久保桜子が、本作に登場。

好評発売中のデジタル写真集『SPA!デジタル写真集 大久保桜子「素敵な番狂わせ」』には収録し切れなかった未公開カットが、本作に多く収録されている。かもめんたる・岩崎う大が執筆したシナリオを大胆に体現しており、歴史ある銭湯・サウナを舞台に、男女の「このあと、どうする?」が描かれていく。

大久保桜子(撮影=岡本武志)
この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 『旬撮GIRL Vol.10』

    発売日:2022年2月14日(月)
    特別定価:1,650円(税込)
    封入特典:生写真1枚
    ※全6種類、絵柄はランダム。山内鈴蘭の生写真はありません

    関連リンク


Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太