即席ユニット解禁の『キングオブコント』にチョコプラ+シソンヌの「チョコンヌ」参戦「ゆりやん+ガンバレルーヤ」も

2021.6.29

今年の大会から即席ユニットでの参加を認める『キングオブコント』に、2014年度の同大会で優勝したシソンヌと、準優勝だったチョコレートプラネットがユニットを組んだ「チョコンヌ」が参戦を表明した。


2014年の大会で優勝と準優勝のコンビがタッグを結成

2008年にスタートした『キングオブコント』は、毎年TBSで決勝戦が生放送されている、コント日本一を決める大会。これまでシソンヌのほか、バッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたち、ハナコ、どぶろっく、ジャルジャルが優勝を飾っており、売れっ子芸人への夢を掴む登竜門として、毎回1000組を超える出場者を集めている。

同大会はこれまで、芸能事務所に所属する芸人が即席ユニットで出場することはできなかったが、今大会からルールを改定。プロ芸人の即席ユニットでの出場が解禁されたため、ピン芸人同士のコンビやトリオ、ユニット同士の合体での出場が可能となった。チョコンヌでの参加の経緯について、チョコレートプラネットの長田庄平は、

「チョコンヌは僕ら2組がまだ全然仕事が無いときに、ユニットでやってみないか?というのがきっかけで、10年以上前からやらせていただいてまして、今回は即席ユニット解禁ということで挑戦してみようじゃないかということになりました」(チョコプラ長田)

と、説明。相方の松尾駿およびシソンヌのふたりは、

「おいでやすこがさんなども出てきますし、吉本新喜劇の人たちや大阪勢もめちゃめちゃ多く参戦すると思いますので、強敵揃いの大会になると思います」(チョコプラ松尾)

「奇しくも2014年のキングオブコントの決勝で戦った同志で、同期でのユニットです。今年限りという感じで挑戦してみようということになりました。皆さん応援してください」(シソンヌ長谷川忍)

「ライバルはパーパーのあいなぷぅかな。金髪でド派手な衣装はスゴイよ」(シソンヌじろう)

と、話している。

このほか、

・ゆりやんレトリィバァ+ガンバレルーヤ→ガンバレルーやんレトリィバァ
・おばたのお兄さん+ひょっこりはん+勝矢(俳優)→おかん
・森本サイダー+河邑ミク→ミクミクサイダー
・アイデンティティ+R藤本→アイデンR

らも参戦を表明。例年以上の激戦となることは必至の情勢だ。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ