『ゴルゴ13』200巻到達で『こち亀』のギネス記録に並ぶ 連載は継続中

2021.4.6

さいとう・たかをの長寿漫画『ゴルゴ13』が200巻に到達。秋本治の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が持つ「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」のギネス記録に並んだ。


1968年の連載開始以来、休載なし

『ゴルゴ13』は1968年に『ビッグコミック』で連載がスタート。国籍・年齢・本名すべてが不明の超A級スナイパー「ゴルゴ13」ことデューク東郷が主人公の物語だ。さまざまな依頼者からの依頼を受け、それを完遂するゴルゴ13の姿を描く同作は、連載開始以来一度も休載せず、現在も『ビッグコミック』にて連載中。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は200巻にて連載が終了しているが、『ゴルゴ13』の連載はつづいており、今年7月に201巻が発売される予定だ。

記念すべき200巻のタイトルは「亡者と死臭の大地」。

〈反政府ゲリラに悩むアフリカの独裁国家に農業利権を狙う中国が接近する。
ゲリラ殲滅のために中国がとった戦法は、ジャングルに毒バエを大量投下するというものだった。
その巻き添えを食ったゴルゴはゲリラの女とともに治療薬を探すのだが……〉

表題作『亡者と死臭の大地』のほか、『奇跡を呼んだ少年』『欧州再生 EU自動車戦争』の3編が収録されている。

200巻発売を祝うデジタルプロモーションも行われている。“ゴルゴ・アイ”に変身できるインスタグラムARフィルターを開発。スマートフォンからアクセスすると、インスタグラムARカメラが起動し、顔にかざすと“ゴルゴの顔”に変化するというもので、シャッターボタンを押すと写真が撮れ、「#ゴルゴ祝砲」でツイッターに投稿すると、抽選でプレゼントがもらえる。さいとうは現在84歳。200巻発売という節目を迎え、ますます精力的に執筆する同氏をお祝いするものだ。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太