アインシュタイン結成10周年全国ツアー「帰りに寂しくなるくらい楽しいものを届けたい」

2021.3.15

お笑いコンビ「アインシュタイン」が、4月1日から10月15日にかけて、全国10カ所を回る全国ツアーを行うことを発表した。


10周年で10カ所を回る

アインシュタインは、稲田直樹と河井ゆずるのふたりからなるお笑いコンビ。大阪NSCの先輩と後輩で2010年にコンビを結成した彼らは、2011年に『MBSオールザッツ漫才Foot Cut』で優勝したのを皮切りに、『THE MANZAI 2013』認定漫才師(2013年)、『第1回上方漫才協会大賞』初代大賞(2016年)、『第48回NHK上方漫才コンテスト』優勝(2018年)ほか、お笑いの賞レースで華々しい実績を残している。

また、2019年には『よしもと男前ブサイクランキング』をふたりそろって受賞(河井が「男前」の3位、稲田が「ブサイク」の1位)。現在レギュラー、準レギュラーを合わせて8本持つ売れっ子芸人となっている。

今回の全国ツアーはコンビ結成10周年を記念し、半年をかけて全国10カ所(大阪、新潟、宮城、岡山、北海道、福岡、愛知、沖縄、愛媛、東京)を巡るものだ。2019年3月から8月にかけて初の全国ツアーを行ったアインシュタインだが、今回は会場数も増加。ふたりはぞれぞれ、

「とにかく楽しいツアーにしたいと思いますので、このような大変な状況の中ではありますが、目一杯笑いに来て下さい!」(河井)

「結成10年をこのような形で迎えられて誠に嬉しく思ってます。帰りに寂しくなるくらい楽しいものをお届けできるよう頑張ります!」(稲田)

と、意気込みを語っている。


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ