渋谷パルコ1周年イベントや空気階段×オズワルドのトーク、小沢健二による「視る書籍」など【おすすめライブ配信】11/19〜11/25

文=鈴木 梢


コロナ禍以降、音楽やお笑い、トークイベントなどさまざまな形のオンラインイベントが開催されている。QJWebでは、毎週木曜日から翌週水曜日までの気になるオンラインイベントをピックアップして紹介する。

※本記事の内容は11月18日(水)時点での情報です。最新情報は各イベントの公式サイトなどをご確認ください。

<11/19〜11/25のイベント>
【音楽・トーク】11/19 渋谷パルコ1周年プレイベントに小山田圭吾や石野卓球らが登場
【音楽】11/20〜11/25 奥田民生ライブツアーをライブ配信
【音楽】11/20 大森靖子ワンマン生配信シリーズ第2弾
【お笑い】11/20 空気階段×オズワルドのトークライブ
【映画】11/20〜11/28 YOASOBIの第4弾楽曲の原作となった小説が映画化、配信上映
【お笑い】11/21 すゑひろがりず×ミキのお笑いライブ
【トーク】11/22 乙武洋匡×紗倉まながそれぞれの「愛のカタチ」を語る
【音楽】11/23 PUNPEEの動画配信イベント
【その他】11/24 小沢健二による「視る書籍」
【トーク】11/24 ハイパーハードボイルドグルメリポート上出遼平の“生闇鍋”第2回


【音楽・トーク】11/19 渋谷パルコ1周年プレイベントに小山田圭吾や石野卓球らが登場

11月20日(金)に渋谷パルコがリニューアルオープンから1周年を迎えることを記念し、19日(木)に渋谷パルコ内『SUPER DOMMUNE』からプレイベントをライブ配信する。

17:00からは『雑誌「relax」と日本のストリートカルチャー』と題し、13日(金)に復刊号が発売された雑誌『relax』について元編集長の岡本仁と元副編集長の中島敏子が語る。18:30からは『「渋谷PARCO」と日本のオルタナティヴ・カルチャー』と題したトークイベント、20:00からは石野卓球らも登場するDJイベントが開催される。配信はいずれもDOMMUNEのYouTubeチャンネルから無料視聴できる。

【参考URL】
SHIBUYA PARCO 1st Anniversary PRE-EVENT SPECIAL PROGRAM!!!

【音楽】11/20〜11/25 奥田民生ライブツアーをライブ配信

11月17日(火)から、EX THEATER ROPPONGIを皮切りに奥田民生のライブツアー『ひとり股旅 2020』が開催中。11月20日(金)はZepp Fukuoka、11月22日(日)は上野学園ホール(広島)、11月23日(月)はZepp Namba、11月25日(水)はZepp Tokyoでのライブの模様が配信される。来場チケットやオリジナルグッズ付きチケットは完売しており、配信視聴チケットのみは早割3500円、当日・見逃し4000円(いずれも税込)で発売中となっている。

【参考URL】
奥田民生 『ひとり股旅 2020』 特設サイト


【音楽】11/20 大森靖子ワンマン生配信シリーズ第2弾

11月20日(金)、大森靖子のワンマン生配信シリーズ『#秘密の接触777 vol.2』が開催される。7月に開催された『秘密の接触SSS vol.1』につづき、バンドにシンガイアズを従える。配信視聴チケットは2500円(税込)。

【参考URL】
秘密の接触777 vol.2(ZAIKO)

【お笑い】11/20 空気階段×オズワルドのトークライブ

11月20日(金)18:00から、空気階段とオズワルドのトークライブ『幕張蟹』が開催される。共にNSC東京校17期生のコンビ。昨年7月に新宿ロフトプラスワンでオールナイトトークライブ『蟹』を開催して以降、現在は月に一度『幕張蟹』を開催している。配信チケットは1200円(税込)。

【参考URL】
空気階段×オズワルドトークライブ『幕張蟹』(ONLINEチケットよしもと)

【映画】11/20〜11/28 YOASOBIの第4弾楽曲の原作となった小説が映画化、配信上映

小説を原作に楽曲を制作する音楽ユニット・YOASOBIが第4弾原作として選んだ小説『たぶん』がショートムービー化された。11月20日(金)から28日(土)まで(11月24日(木)を除く)、Stagecrowd上で同作のイベント付き配信上映が開催される。配信には、キャストやYOASOBIが日替わりで登場。各配信日の正午まで当日分チケットの購入が可能となっている。視聴チケットは各日1000円(税込)。

【参考URL】
映画「たぶん」イベント付き特別配信上映(Stagecrowd)

【お笑い】11/21 すゑひろがりず×ミキのお笑いライブ

トークやネタ、コーナーなど1時間たっぷり楽しめるお笑いライブ『おおみや差しライブ』のすゑひろがりず・ミキ編が11月21日(土)に大宮ラクーンよしもと劇場で開催される。配信チケットは1200円(税込)。

【参考URL】
おおみや差しライブ~すゑひろがりず・ミキ編~(ONLINEチケットよしもと)

【トーク】11/22 乙武洋匡×紗倉まながそれぞれの「愛のカタチ」を語る

600万部ベストセラー『五体不満足』著者の乙武洋匡が上梓したLGBTQ小説『ヒゲとナプキン』。刊行を記念し、11月22日(日)にAV女優の紗倉まなを招いたトークイベントを開催する。紗倉の小説集『春、死なん』は野間文芸新人賞候補となり、同作の背景について「老人や母の性愛を描くことで、世間が抱く理想像や役割から彼らを解放したかった」と話す。今回のイベントではそんなふたりが「愛のカタチ」について語り合う。配信チケットは1500円(税別)。

【参考URL】
乙武洋匡×紗倉まな「愛のカタチはそれぞれだ!」『ヒゲとナプキン』(小学館)刊行記念(本屋B&B)

【音楽】11/23 PUNPEEの動画配信イベント

11月23日(月)、PUNPEEが動画配信イベント『PUNPEE Presents “Seasons Greetings’20″』を開催する。エンタテインメントに新たな価値を吹き込むストーリーメーカーであるTongpooの第2弾プロダクトとして配信される。配信チケットは3000円(税込)。

【参考URL】
PUNPEE Presents “Seasons Greetings’20” Tongpoo videos vol.2

【その他】11/24 小沢健二による「視る書籍」

小沢健二がインターネット番組『キツネを追ってゆくんだよ』を11月24日(火)22:00から配信する。同番組は「視る書籍」をコンセプトに、立体的かつ豪華なステージセットの中で書き下ろしの手紙を読み上げるといった内容を予定しており、小沢が紡ぎ出す“言葉”の魅力を存分に味わえる。

今年春に予定されていたライブツアー『So kakkoii 宇宙 Shows』制作中のスタジオの模様を収めた映像も一部配信。また、番組のテーマ曲「キツネを追ってゆくんだよ」(口笛&ビートバージョン)も初めて公開される。アルバム『So kakkoii 宇宙』以来1年ぶりの新曲となる。視聴チケットは1980円(税込)。

【参考URL】
小沢健二「キツネを追ってゆくんだよ」(ローチケ)

【トーク】11/24 ハイパーハードボイルドグルメリポート上出遼平の“生闇鍋”第2回

『ハイパーハードボイルドグルメリポート』(テレビ東京)を手がける上出遼平が、今一番話を聞きたい人を招いて闇鍋する様子を生配信する『生闇鍋』の第2回が11月24日(木)に開催される。

中国残留孤児系半グレ組織『怒羅権(ドラゴン)』の創設者を招いた第1回につづく今回の第2回は、依存症を抱えるふたりのゲストを招く。アルコール依存を抱える漫画家・まんきつ、そして、覚せい剤と大麻の所持で逮捕され今年9月に4年間の執行猶予期間が明けたばかりの俳優・高知東生を迎える。視聴チケットは1500円(税込)。

【参考URL】
【動画配信】テレ東ほぼほぼ無観客フェス 11月24日(火)『ハイパーハードボイルド 生 闇鍋』(チケットぴあ)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

鈴木 梢

(すずき・こずえ)1989年、千葉県市川市生まれ。出版社や編集プロダクション勤務を経て2019年からフリーランスに。主に日本のエンタメ/カルチャー分野の企画・執筆・編集を行う。もちもちしたものが好き。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太